ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
二十四節気に合わせ心と体を美しく整える
【第1回】 2015年3月3日
著者・コラム紹介バックナンバー
村上百代 [漢方薬・生薬認定薬剤師]

季節に合わせた日本古来の生活様式、
養生、食事こそ最高の健康法

1
nextpage

昨今、日本古来の生活様式が見直されつつあります。自然を感じ、自然を味わう、この昔ながらの知恵を学ぶことで、私たちはより心豊かで、健康に人生を過ごすことができるのです。東洋医学では、太陽や月の動き、四季の流れに合わせて生活するのが最高の健康法だと考えます。この連載では各四季をさらに細かく六つに分けた「二十四節気」を用い、それぞれの時季に何をを心がけ、体調管理をし、どんな食事を摂ったらよいかを、書籍『二十四節気に合わせ心と体を美しく整える』の内容から抜粋し、具体的に紹介していきます。

二十四節気とは何か

 皆さんは「冬至」「小寒」「大寒」といった言葉を聞かれたことがあるかと思います。これらは二十四節気を示す語句です。二十四節気とは春夏秋冬の四季をさらに細かく六つずつに分けたものです。

 この二十四節気は明治になってから新暦が用いられる以前、旧暦と共に日常生活で使われてきました。旧暦は、太陽・月・地球が一直線に並ぶときを基準とし、その周期29・53日を1ヵ月とします。これを30日と29日の月として交互にすると、1年=12ヵ月は354日前後となります。これでは月がずれてしまうため、33・4ヵ月に1回、閏月を設けることで調整します。

 ここで一つ問題が生じます。旧暦の日付は毎年季節より11日ずつ先に進み、ほぼ3年目に閏月が入るとそこで20日遅くなります。しかし、それでは暦の日付が実際の季節感とずれてしまうわけです。これは、とくに農作業においては致命的な問題となります。

 そこで正しい季節を教える目安になる二十四節気を併せて用いたのです。二十四節気は古代中国で作られたもので、冬至から冬至を24に等分し、一節気の長さを15・22日とするので、毎年季節と一致してずれることはありません。日本では旧暦が1500年もの間使用されていたため、この暦が生活様式に根付いています。そして、この二十四節気を季節の基準とし生活してきたのです。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
いまの科学で「絶対にいい!」と断言できる 最高の子育てベスト55

いまの科学で「絶対にいい!」と断言できる 最高の子育てベスト55

トレーシー・カチロー 著/鹿田 昌美 訳

定価(税込):本体1,600円+税   発行年月:2016年11月

<内容紹介>
子どもの豊かな心を育て、頭と体を伸ばしていくために親が知っておきたいことについて、最新の科学研究をもとに「最も信頼」できて「最も実行しやすい」アドバイスだけを厳選して詰め込んだ貴重な本。子にかけるべき言葉、睡眠、トイレトレーニング、遊び、しつけまで、これ一冊さえ持っていれば大丈夫という決定版の1冊!

本を購入する
ダイヤモンド社の電子書籍
(POSデータ調べ、11/20~11/26)


注目のトピックスPR


村上百代 [漢方薬・生薬認定薬剤師]

1958年長野県松本生まれ。1981年、北里大学薬学部薬学科を卒業。製薬会社で薬の研究に携わるが新薬の限界を感じ2年後に退社。「女性と漢方・髪と肌の健康美容」をテーマにしている株式会社自然美に入社。以降東洋医学と漢方について探求を進め、テレビ・雑誌等メディアへの出演多数。現在は処方箋調剤薬局で和の養生法を指導したり、講習会を行っている。

著書に『年をとるほどに健康になる人、なれない人』(自由国民社)、共著に『髪と肌の健康美をつくる薬膳料理教室』(JDC)、『真の健康美容は食習慣から』(文芸社)などがある。


二十四節気に合わせ心と体を美しく整える

昨今、日本古来の生活様式が見直されつつあります。自然を感じ、自然を味わう、この昔ながらの知恵を学ぶことで、私たちは心豊かで、健康な人生を過ごせるのです。東洋医学では太陽や月の動き、季節に合わせて生活することを最高の健康法と考えます。本連載では各四季をさらに細かく六つに分けた二十四節気を用い、それぞれの時季に何を心がけ、体調管理をし、どんな食事を摂ればよいかを具体的に紹介していきます。

「二十四節気に合わせ心と体を美しく整える」

⇒バックナンバー一覧