ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
莫邦富の中国ビジネスおどろき新発見

乗客の正しい指摘に罵倒で返す
中国航空会社で起きたモラル失墜

莫 邦富 [作家・ジャーナリスト]
【第247回】 2015年3月5日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 サービスが悪いとよく言われる中国国際航空(CA)は最近、評判がかなり失墜してしまった事件に悩まされている。

 事のいきさつは次の通りだ。

Photo:Tsuboya - Fotolia.com

 2月21日、韓国ソウル(仁川)空港から重慶へ中国時間14時55分(現地時間15時55分)出発予定の中国国際航空は、出発時刻に近づいているにもかかわらず、なかなか搭乗を開始しなかった。

 14時29分、中国最大のSNS新浪微博に、@亜歴克斯李李というハンドルネームの乗客が「買い物に出た女性客室乗務員の帰りを待つために、搭乗が開始できなかった」と告発した。その告発には、たくさんの買い物袋を重たそうに持っている女性客室乗務員が搭乗口のチェックポイントを急いで通過しているところを撮った写真が添付されている。彼女の後ろに搭乗開始を待っている乗客の列が見える。

告発した乗客に対して、
航空関係者から罵詈雑言

 中国国際航空の乗務員の規律の弛みがもろに露呈したこの事件はこのあと思わぬ方向へ暴走した。

 まず、この路線を担当するのは中国国際航空の重慶支社だが、重慶支社はこの事件をまったく問題にしなかった。同支社の説明は以下の通りだ。

 「搭乗開始は出発時刻より30分前の14時25分となっている。乗務員が全員、揃ったところで予定時間通り搭乗を開始した。現場でのモニター映像を確認したところ、最初に搭乗手続きを済ませた乗客のタイミングは14時24分だった。買い物に出た乗務員はその前に戻っていたため、搭乗開始時間も予定通りだったし、出発時間も到着時間もその影響を受けていなかった」

 重慶支社のこうした態度も問題だが、もっとひどかったのは、中国国際航空など中国の航空会社の一部社員と見られる人たちの反応だった。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

莫邦富(モー・バンフ) [作家・ジャーナリスト]

1953年、上海市生まれ。85年に来日。『蛇頭』、『「中国全省を読む」事典』、翻訳書『ノーと言える中国』がベストセラーに。そのほかにも『日中はなぜわかり合えないのか』、『これは私が愛した日本なのか』、『新華僑』、『鯛と羊』など著書多数。


莫邦富の中国ビジネスおどろき新発見

地方都市の勃興、ものづくりの精度向上、環境や社会貢献への関心の高まり…中国は今大きく変わりつつある。先入観を引きずったままだと、日本企業はどんどん中国市場から脱落しかねない。色眼鏡を外し、中国ビジネスの変化に改めて目を凝らす必要がある。道案内人は日中を行き来する中国人作家・ジャーナリストの莫邦富氏。日本ではあまり報道されない「今は小さくとも大きな潮流となりうる」新発見を毎週お届けしよう。

「莫邦富の中国ビジネスおどろき新発見」

⇒バックナンバー一覧