ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
世界に1つだけの子育ての教科書――子育ての失敗を100%取り戻す方法
【第12回】 2015年3月12日
著者・コラム紹介バックナンバー
奥田健次 [臨床心理士/行動分析学者]

“断捨離・子育て術”の極意とは?
累計300万部!【断捨離】のやましたひでこと
“子育てブラック・ジャック”の奥田健次の初対談【後篇】

1
nextpage

累計発行部数300万部!「断捨離」を提唱した、クラターコンサルタントのやましたひでこ氏と、はやくも第5刷が決まった『世界に1つだけの子育ての教科書』著者で行動分析学者の奥田健次氏の対談後篇!
子育てにこそ、「断捨離」が活用できるとは、どういうことか? (構成・鈴木雅光)

「親と子は別個体」だと認識しよう

やました・ひでこ
東京都出身。石川県在住。早稲田大学文学部卒。学生時代に出逢ったヨガの行法哲学「断行・捨行・離行」に着想を得た「断捨離」を日常の「片づけ」に落とし込み、誰もが実践可能な自己探訪メソッドを構築。 「断捨離」は、心の新陳代謝を促す、発想の転換法でもある。全国展開している「断捨離セミナー」は、年齢、性別、職業を問わず受講者から圧倒的な支持を得ている。 処女作『断捨離』(マガジンハウス)は、日本はもとより台湾、中国でもベストセラーとなり、『俯瞰力』『自在力』(いずれもマガジンハウス)の「断捨離」三部作他、著作・監修を含めた関連書籍は累計300万部を超えるミリオンセラー。

奥田 やましたさんは、2012年5月号の「プレジデントファミリー」で、“「断捨離」子育て術”という特集をされていますね。でも、なかなか子離れできないケースが多いですよね。
 特に、私が接しているような、問題行動がある子どもであるほど、親は自分たちの身を犠牲にしてまで面倒見ようとする。
でも、ここに問題点があることに気づかない親が非常に多い。

やました 親はどうしても子どものことが心配ですからね。心配というのはあくまでも表向きの理由で、要は子どもを自分の手の届くところに置いておきたいと思うのでしょう。
 それは、「断捨離」をしなければならないと思いつつ、なかなかできずに先送りしているのと同じです。
 かく言う私も、自分の子に対してどうしてもできなかったことがありました。
 奥田先生の本に、子どもが言うことを聞かなかったら隔離するという話がありましたよね。あれ、なかなかできなかったのですが、私の代わりに祖父がやってくれまして、それはありがたかったですね。

奥田 親と子の関係は、社会的、生物的には親子でも、心理学的にはまったくの別個体と考えるべきです。血は繋がっていても、法律上の親子関係だったとしても、まったくの別個体だと。この点をきちんと親が認識しておく必要があると思います。
 障害のある子が生まれた場合、親御さんの多くは、自分たちで最後まで面倒見ようとするのですが、冷静に考えてみれば、そんなの絶対に無理ですよね。だって、親のほうが先に死んでいくのだから。
 両親が亡くなったとき、子どもが自立していなかったら、どうなるのでしょう。だからこそ、ハタチまでには家を出て行ってもらうことを前提にして子育てを行う。必要に応じて、施設に入れることも考えたほうがいいでしょう。
 先ほども申し上げましたが、「私が何とかしなければ」といった呪縛から親が解放されなければなりません。

やました まさに、それをモノでやっているのが「断捨離」です。たとえば、洋服でも、冬が終わったにもかかわらず、タンスに入れっぱなしという人が多いですよね。そういう人には、ちょっとした脅しをかけるんです。
 「タンスの中に腐乱死体とミイラが転がっていますよ」と。
 結局、使わないのにずっとタンスに冬服を入れっぱなしでは、腐乱死体が増える一方ですからね。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
自分の時間を取り戻そう

自分の時間を取り戻そう

ちきりん 著

定価(税込):本体1,500円+税   発行年月:2016年11月

<内容紹介>
生産性は、論理的思考と同じように、単なるスキルに止まらず価値観や判断軸ともなる重要なもの。しかし日本のホワイトカラー業務では無視され続け、それが意味のない長時間労働と日本経済低迷の一因となっています。そうした状況を打開するため、超人気ブロガーが生産性の重要性と上げ方を多数の事例とともに解説します。

本を購入する
ダイヤモンド社の電子書籍
(POSデータ調べ、11/20~11/26)


注目のトピックスPR


奥田健次 [臨床心理士/行動分析学者]

臨床心理士/専門行動療法士/行動コーチングアカデミー代表。

兵庫県西宮市生まれ。 常識にとらわれない独自の指導プログラムにより、さまざまな子どもの問題行動を改善させる行動分析学者。

数万件以上の難問題を解決してきた手腕から「子育てブラック・ジャック」と呼ばれ、日本各地のみならず世界各国から指導依頼を受ける国際的セラピスト。年間のべ1000件以上の相談活動を行い、これまでの相談実績は数万件以上にのぼる。 桜花学園大学大学院客員教授など研究者としてのキャリアを経て、 2012年に長野県西軽井沢に5000坪の敷地を買い取り、「行動コーチングアカデミー」を設立。発達障害、自閉症、不登校などの問題解決に関わる人材育成を行っている。 現在、日本初の行動分析学を軸とした私立幼稚園の設立を準備していることでも注目を浴びている。

「日本行動療法学会内山記念賞」(1999年)、「日本教育実践学会研究奨励賞」(2003年)、「日本行動分析学会学会賞(論文賞)」などを受賞。 行動科学系の2大学会で初のダブル受賞となる。 『NNNドキュメント』『スッキリ!!』(日本テレビ系)では、「今、最も注目されている教育者」として紹介。『あさイチ』(NHK総合)他にも出演。

本書では、子育てにまつわる具体的な『行動の処方せん』を公開。 著書にベストセラーとなった『叱りゼロで「自分からやる子」に育てる本』(大和書房)、『メリットの法則――行動分析学・実践編』(集英社)、『拝啓、アスペルガー先生――私の支援記録より』(飛鳥新社)、『自閉症児のための明るい療育相談室――親と教師のための楽しいABA講座』(共著、学苑社)などがある。

【奥田健次オフィシャルブログ】 http://www.diamondblog.jp/kenjiokuda/


世界に1つだけの子育ての教科書――子育ての失敗を100%取り戻す方法

『あさイチ』(NHK総合)、『NNNドキュメント』『スッキリ!!』(日本テレビ系)などで、「今、最も注目されている教育者」と紹介! 「子育ての5大悩み」を「よくある順」に分類。1.暴力・暴言・物壊し。2.グズグズ&いじける。3.トイレ問題と偏食。4.ほめる&叱るのルール。5.過保護・過干渉。数万件超の実績から「成果実証済の方法」を厳選。子育ての難問に対し、絶対にあきらめないでください! どんな子も、やり方次第で必ず変わります!

「世界に1つだけの子育ての教科書――子育ての失敗を100%取り戻す方法」

⇒バックナンバー一覧