ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
いまこそ読みたい! ダイヤモンド社100年100冊
【第63回】 2015年3月12日
著者・コラム紹介バックナンバー
鎌塚正良 [ダイヤモンド社論説委員]

「○子」「美女の屁」「きび団子」…
バカバカしくも笑いを誘う傑作下ネタ川柳集
『適当川柳』

1
nextpage

「サラリーマン川柳」「シルバー川柳」をはじめ、静かな川柳ブームが起きていますね。今回ご紹介するのは、あの「適当男」高田純次による『適当川柳』。過激な下ネタとくだらなさに、肩の力が抜けること請け合いです。

あの「適当男」の
川柳集を紹介!

 NHKの「クローズアップ現代」が、「自虐?反骨?川柳で今を笑う」と題して、さまざまな世代に広がる「川柳ブーム」の背景を分析し、現代の日本人と笑いの関わりを取り上げたのは今年2月16日のことでした。

 番組では、シルバー世代のあいだで老いや病、孤独などをユーモアあふれる表現で笑い飛ばす「還暦川柳」が人気を集めていること、派遣社員や女性、大震災の被災者たちも川柳を詠み始めたこと、そうした川柳が多くの共感を呼び、互いを励ましたりネットで交流したりという動きも生まれていること、などなどについてイラストレーター・山藤章二さんの解説を交えながら放送していました。

『アーンして むかしラブラブ いま介護』
『ゴミ出しに 定年なし!と 妻の檄』
『コストダウン さけぶあんたが コスト高』
『昼食は 妻がセレブで 俺セルフ』

高田純次著『適当川柳』2012年8月刊。帯の「適当(相当のエロを含む)×川柳=?」が本の内容を見事に表しています。

といったシルバー川柳やサラリーマン川柳を、みなさんもどこかで目にしたり、耳にしたことがあるに違いありません。中高年をとりまく不安や困難、悲哀や絶望をあえて笑いに転化しながら、悩み多き時代を生き抜く知恵とする――。いや、人生に悩み多き課題を抱えているのは中高年に限りません。だからこそ、現実を明るく笑い飛ばす川柳に、じわじわと共感が広がっているのでしょう。

 ま、そんなわけ(どんなわけ?)で、今回は社内外から「およそダイヤモンド社らしからぬ本」との指摘もあった『適当川柳』(2012年刊)をクローズアップします。著者は還暦を過ぎてもなお「適当男」「平成の無責任男」の異名をとり、幅広い世代にファンを持つ高田純次さんです。同業の芸能人からも、「高田純次みたいに、あんなふうに適当に生きたい」などと慕われる存在でもあり、ラジオから聞こえてくる彼の声を聴いているだけで心が休まる、一日の疲れが取れる――親しみを込めてそんな感想を漏らすオヤジたちが、筆者の周りにも少なからず存在します。

 本書は、そんな高田さんだから許される「いい加減」かつ「下ネタ満載」の川柳集です。まずはアマゾンのカスタマーレビューから、読者の声を拾ってみましょう(注:→以下のコメントは、高田師範に乗り移られた筆者が、師範の意思を口寄せしたものです)。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
自分の時間を取り戻そう

自分の時間を取り戻そう

ちきりん 著

定価(税込):本体1,500円+税   発行年月:2016年11月

<内容紹介>
生産性は、論理的思考と同じように、単なるスキルに止まらず価値観や判断軸ともなる重要なもの。しかし日本のホワイトカラー業務では無視され続け、それが意味のない長時間労働と日本経済低迷の一因となっています。そうした状況を打開するため、超人気ブロガーが生産性の重要性と上げ方を多数の事例とともに解説します。

本を購入する
著者セミナー・予定
(POSデータ調べ、11/20~11/26)


注目のトピックスPR


鎌塚正良 [ダイヤモンド社論説委員]

1978年ダイヤモンド社入社。「週刊ダイヤモンド」編集長などを経て、現在は書籍編集局担当の取締役兼論説委員。


いまこそ読みたい! ダイヤモンド社100年100冊

ダイヤモンド社は2013年5月1日に創立100年を迎えることになりました。雑誌を追う形で始まった書籍事業も、ビジネスジャンルを中心に刊行点数は1万点を優に超えています。

書籍は、その時々の経済環境や流行など世相を色濃く反映しているものが多数を占めますが、時代を超えて読み継いでもらいたい名著が、私達の書棚にはたくさん並んでいます。

本連載は100周年を記念し、普遍の名著と呼ばれる作品から、今だからこそ読みたい隠れた名作まで、有名無名織りまぜた100冊を紹介していきます。ダイヤモンド社が誇るベテラン執筆陣の、単なる書評にとどまらない論説をご期待ください!

 

「いまこそ読みたい! ダイヤモンド社100年100冊」

⇒バックナンバー一覧