ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
inside Enterprise

LIXILの新キッチンに
旧サンウエーブの“隠し玉”

週刊ダイヤモンド編集部
2015年3月17日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 次々に海外企業の大型M&Aを仕掛けるLIXILは、2011年4月に旧トステムなど計5社が経営統合して以来、水面下で開発を進めてきた“新素材”を投入し、競合他社を一気に引き離す勝負に出た。

新素材のセラミックは、耐久性が高く、傷が付きにくい。火にかけた鍋でも、そのまま置ける
写真提供:LIXIL

 3月5日に発表したシステムキッチン「サンヴァリエ〈リシェルSI〉」シリーズで、キッチンの作業台にステンレスや人造大理石を使ったモデルに加えて、新素材のセラミック(焼き物)を扱ったモデルを投入したのである。

 一部の専業メーカーが手掛ける富裕層向けのオーダーメイドを除けば、システムキッチンでセラミックを採用して量産化に踏み切ったのは国内では初めて。一枚板の作業台は、焼き物ならではの上品さと高級感があり、本物志向の50~60代のニーズに応えるものだ。

 ステンレスや人造大理石を使った標準モデルは68万2000円(税別)からあるが、セラミックを採用した最上位機種は252万円(税別)。今後、プレミアム製品であることを打ち出していく。

自ら競争の舞台を変える

 新素材で勝負を懸ける背景には、キッチンの世界における大きな変化がある。近年は、家族が全員で集まるリビング(居間)に向けて据え付けるタイプが人気を集めており、「今や憧れのキッチンは、“キッチンが中心のリビング”に変わりつつある」(業界関係者)。

 国土交通省の「住宅市場動向調査」(平成24年度)でも、リフォームした箇所はキッチンが40%で第1位、トイレは29%で第2位、居間と浴室は28%で第3位だった。そこでLIXILは、キッチンと住まいをトータルで提案して競争の舞台を変えるべく乗り出した。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

週刊ダイヤモンド編集部


inside Enterprise

日々刻々、変化を続ける企業の経営環境。変化の中で各企業が模索する経営戦略とは何か?『週刊ダイヤモンド』編集部が徹底取材します。

「inside Enterprise」

⇒バックナンバー一覧