ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
転職で幸せになる人、不幸になる人 丸山貴宏

“仕事がうまくいかないから転職”は絶対失敗する

丸山貴宏 [株式会社クライス・アンド・カンパニー代表取締役]
【第11回】 2015年3月23日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

「逃げ出し転職」は
人事に見抜かれる

仕事がうまくいかないから転職したい――誰しも一度はそう思ったことがあるのでは?

 あなたが転職したいと考えるのは、どういうときでしょうか。

 よく見かけるパターンの一つに、「いまの仕事がうまくいかない。だから転職しよう」というものがあります。しかし、こういう人は面接で落ちる可能性が高いです。なぜなら仕事がうまくいっていない人は負のオーラが出まくっているからで、熟練した人事担当者には「この人は逃げ出し転職だ」と容易に見抜かれます。

 仕事がうまくいっていないときは転職より、まずは歯を食いしばって仕事がうまくいくまで頑張る、もしくは最終的にうまくいかなくても責任を果たしたと言える区切りがつくまで踏ん張ることを私はお勧めします。面接で落ちる可能性が高いということもありますが、その後の職業人生を考えると「うまくいかないから会社を辞めた」という節目をつくらないほうがよいからです。

 多くの転職希望者のお話を聞いていると、いつも同じような理由で退職を繰り返している人がいます。つまり、その人ならではの辞めるパターンがあり、それが「仕事がうまくいかないから」だと何か問題に直面するたびに逃げ出すというきわめて残念な職業人生になってしまいます。

自分のなかに宿る
「他責の心」を自覚せよ

 「仕事がうまくいかない」という自分の思い通りにならない状況にどう立ち向かうかで、その人の真価が問われます。工夫したり周りを動かしたり方向を転換したりしてよい結果を導くのが仕事であり、大げさに言えば人生です。そこは自分を奮い立たせて戦わなければいけない場面です。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

丸山貴宏 [株式会社クライス・アンド・カンパニー代表取締役]

1986年滋賀大学経済学部卒業後、リクルート入社。7年間人事担当採用責任者として新卒、中途、留学生、外国人など多岐にわたる採用を担当し同社の急成長を人材採用の側面から支える。退職後現社を設立。リクルートで実践した「企業力を超える採用」の実現のため1000社を超える顧客にそのノウハウを提供、さまざまな分野の支援を実現。また個人へのキャリアコンサルティングは1万名を超え、「個人の本気に火をつける」面談には定評がある。49歳。1963年生まれ、いて座。

 


転職で幸せになる人、不幸になる人 丸山貴宏

35歳以上の転職がもはや当たり前の時代になり、これからはより多くの人が転職を意識することになる。しかしそのときに「転職の作法」を全く知らないがために、失敗し続けてしまっては本末転倒だ。この連載では、失敗した人を具体的な事例として出しながら、何が悪かったのか2万人を見てきた転職コンサルタント丸山貴宏の視点で一刀両断。成功へと導く手助けをします。

「転職で幸せになる人、不幸になる人 丸山貴宏」

⇒バックナンバー一覧