ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
エコカー大戦争!

トヨタ、日産も密かに気にする
慶応大学「次世代電気自動車」戦略の実態

桃田健史 [ジャーナリスト]
【第2回】 2009年7月2日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

電気自動車(EV)の開発熱が高まる中、その先駆的存在の一つである慶応大学のスーパーEV「エリーカ」に業界関係者の注目が集まっている。エリーカといえば、これまでは8つの車輪をもつ全長5メートル超の巨体とその爆発的な加速力で有名だったが、最近になって何と公共バス化計画が浮上してきた。
(ジャーナリスト 桃田健史)

慶応義塾大学の清水浩教授らが開発した電気自動車「エリーカ」は、全長5100mmx全幅1900mmx全高1365mm、ホイールベース2900mm、車両重量2400kgの巨体ながら、0-100km/h加速3.9秒という驚異的な加速力を誇る。

 「では次に…、ストップ&ゴーでイキます」。

 簡易的周回テストコースの2周目、「エリーカ」のステアリングホイールを握るその慶応大学関係者は、助手席の筆者をチラリと見た。彼の口元には「記者さん、驚きなさんなよ」と言わんばかりの微かな笑みが読み取れた。彼は私のバックグランドを知らない。

 次の瞬間、全長5100mmx全幅1900mmx全高1365mm、ホイールベース2900mm、車両重量2400kgの巨体が、グギュギュィシャァーン! 

 スーパー電気自動車(EV)のエリーカは、新興高層マンション郡が見下ろすなか、JR貨物線に沿った200mほどの直線路を一気に駆け抜けた。終速は90km/h強。加速開始時のトラクション(路面とタイヤの接地頻度)より、加速の途中から「青天井で、さらにさらにさらにと、伸び上がっていく感じ」の方が印象に残る。エリーカのスペック表値0-100km/h加速3.9秒に「ウソはない」と思った。ちなみに、日産「GT-R」(現行車両/通称35GT-R)は車両重量1750kgで同値は3.6秒である。

 エリーカのスペック表値・最高速度370km/hについては、筆者が過去に米インディカー参戦で体験した380km/h、さらには中国・上海空港で乗った「上海磁浮列車/リニアモーターカー」の最高速度430km/hを思い起こせば、「エリーカにウソはないのでは?」と推測できた。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR


おすすめの本
おすすめの本
好評発売中!
「エコカー世界大戦争の勝者は誰だ?」

ハイブリッド車、電気自動車、燃料電池車の共存でビジネスモデルは混沌!トヨタ、ホンダ、日産、三菱など日本メーカーは世界で勝てるのか?年間飛行機移動時間が最も長い日本人自動車ジャーナリストが世界のエコカー事情を徹底取材。市場・インフラ、技術、政策、各社の戦略を詳細かつヴィヴィッドにレポート!

話題の記事

桃田健史 [ジャーナリスト]

日米を拠点に世界各国で自動車産業の動向を取材するジャーナリスト。インディ500、NASCARなど米国レースにレーサーとしても参戦。自動車雑誌に多数の連載を持つほか、「Automotive Technology」誌(日経BP社)でBRICs取材、日本テレビでレース中継番組の解説などを務める。1962年生まれ。著書「エコカー世界大戦争の勝者は誰だ?」好評発売中


エコカー大戦争!

「エコカー=日本の独壇場」と思っているとすれば、それは大間違いだ。電気自動車、ハイブリッド車を巡る市場争奪戦はこれからが本番。日本は序盤戦を制したに過ぎない。世界規模の取材でエコカー大戦争の行方を探る。

「エコカー大戦争!」

⇒バックナンバー一覧