ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
悪魔の対話術 ~ビジネスで「したたか」に成功する~
【第11回】 2008年7月25日
著者・コラム紹介バックナンバー
内藤誼人  [心理学者]

相手と「長く一緒に」いてはいけない

1
nextpage

 初対面のとき、私たちは緊張している。そういう緊張は、だれにでもあるものだが、2回、3回と会う回数を重ねるごとに、どんどん減少していくものである。

 ということは、相手からのホンネを引き出す手っ取り早い方法は、1回で何とかしようとするのではなく、2回、3回と、会う回数を単純に増やすことだ。

ホンネを探るには
焦りは禁物

 ここで紹介している多くのテクニックは、いわば1回目の出会いで何とかするためのものであるが、現実には、なかなか難しいこともあるだろう。そういうときには、無理をしないで、次回に期待する、という気楽な心構えでいくとうまくいく。とりわけ厄介な相手を接するときには、焦り過ぎないことが禁物だ。

 私たちは、親密な相手に向かってしか、ホンネを吐露しない。

 この一般傾向から考えると、初対面でいきなり、相手のホンネを聞き出そうとするのは、やや性急にすぎるかもしれない。

 もちろん、ここで紹介しているテクニックを使えば、それも可能なのであるが、そんなことをしなくとも、単純に会う回数を増やせばうまくいくと考えておけば、あまり無理をしすぎず、リラックスして人に会うことができるだろう。

 セールスや営業職の人たちならわかると思うが、1回目の飛び込みセールスで、すべてがうまくいってしまうということは、通常ありえない。2度、3度と頻繁にお客と顔をあわせることでつながりを作ることで、「まぁ、何回も顔をあわせてるんだし、じっくり話を聞こうか」という気持ちにさせていくのである。

 私たちは、会えば会うほど相手を好きになっていくという心理学のデータがある。1回目よりも2回目、2回目よりも3回目に会ったときのほうが、私たちは、相手を好ましく評価するのだ(といっても、だいたいは4回目くらいで頭打ちになり、それ以上は評価もあがらなくなる)。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
再起動 リブート

再起動 リブート

斉藤徹 著

定価(税込):本体1,500円+税   発行年月:2016年12月

<内容紹介>
僕は4回死に、そのたびに復活した。 波瀾万丈のベンチャー経営を描き尽くした真実の物語。 バブルに踊ろされ、金融危機に翻弄され、資金繰り地獄を生き抜き、会社分割、事業譲渡、企業買収、追放、度重なる裁判、差し押さえ、自宅競売の危機を乗り越え、たどりついた境地とは

本を購入する
ダイヤモンド社の電子書籍
(POSデータ調べ、1/8~1/14)


注目のトピックスPR


内藤誼人 [心理学者]

慶応義塾大学社会学研究科博士課程修了。(有)アンギルド代表取締役。現在は、企業研修や講演等で、心理学の法則をもとにした人材育成や販売促進、企画力促進などに力を注いでいる。著書に『「人たらし」のブラック心理術』(大和書房)、『人は「暗示」で9割動く!』(すばる舎)、『パワーセルフ』(ダイヤモンド社)ほか多数。


悪魔の対話術 ~ビジネスで「したたか」に成功する~

ビジネス成功したいなら「お人よし」になるな!ビジネスに「ズルい」という言葉はない!自分のホンネはさらさずに相手のホンネを一方的に探り出すための「したたか」で「狡猾」な“悪魔の”対話術を伝授する。

「悪魔の対話術 ~ビジネスで「したたか」に成功する~」

⇒バックナンバー一覧