ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
社会貢献でメシを食う。NEXT 竹井善昭

アストン・マーチンよりも、途上国の学校を買う。「寄付する人たち」のお金の価値観

竹井善昭 [ソーシャルビジネス・プランナー&CSRコンサルタント/株式会社ソーシャルプランニング代表]
【第6回】 2009年10月6日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 本来、10兆円くらいあってもおかしくないのに2000億円程度で留まっている市場がある。「寄付市場」である。チャリティ先進国のアメリカと違って、日本では「寄付とは、消費行動のひとつである」という認識があまり浸透していないため、寄付市場もあるべき姿になっていない。マーケティングが足りてないのだ。

 日本で寄付が集まらない理由として、税制の問題を挙げる人が多いが、実は「寄付マーケティング」が足りてないことのほうが要因としては大きい、と筆者は考えている。マーケティングが足りてないから、消費文化としての寄付文化が育っておらず、寄付市場も成長してこなかった。

 また、寄付が消費行動であるという認識がなかったから、企業も「寄付なんてモノは、自分たちには無関係なもの」としか考えることができず、せいぜい社会貢献活動の中のアイテムのひとつという程度の認識と取り組みしかしてこなかった。そこに未開拓の市場があるとは考えてこなかった。

 しかし、日本ファンドレイジング協会常務理事の鵜尾雅隆氏が指摘するように、「寄付とは、社会とのコミュニケーション」である。単なるお金のやりとりではない。NPOやNGOが、消費者との間で、さまざまな社会問題に関してコミュニケーションをする。そのコミュニケーションに説得性があれば、本当に社会の役に立つと理解されれば、寄付という方法で消費者は反応してくれる。

 そして、企業活動もまた、社会とのコミュニケーションに他ならない。であれば、社会貢献意識が高まる中、寄付する人たちの「理由」、その背景にある「思い」を知ることは、今後の企業活動にとっても重要ではないかと思う。

 そこで今回は、途上国の子どもたちへの教育支援を行なうNGO「Room to Read(RTR)」を通じて、途上国に学校を寄付した人たち。すなわち、数百万円規模の寄付をした人たちに取材して、寄付した理由と思いを語ってもらった。

大学時代の約束を果たした28歳の青年。
新婚旅行中に寄付を決意

 窪田剛さん。28歳。今年8月に結婚したばかりの新婚さんだ。その窪田さんが、新婚旅行から帰ってきた直後の9月、RTRにコンタクトし、学校を寄付したいと申し出た。寄付金額は約300万円だ。

NGO「Room to Read」
窪田さんが今回、寄付先に選んだNGO「Room to Read」。現在、アジアを中心とした途上国9ヵ国で、学校建設、図書室建設、少女奨学金といった支援活動を行なっている。
【写真提供:Room to Read】

 窪田さんは大学時代、東南アジアをバックパックで旅行した。その最中に例の9.11事件が起こり、いろいろと考えるきっかけになった。そして、現地で仲良くなったカンボジアの人たちと「学校を作る」という約束をした。その約束への思いがずっと残っていたのだ。

 しかし、一方で美味しいモノを食べて、いいマンションに住んで・・・などという「チャライ人生」への憧れも捨てがたく、両方を実現するにはどうすればよいか考えたという。自分で会社を作って成功させて売却するか、軌道に乗った段階で他人に経営を任せて社会貢献活動に専念するか。いずれにしても、早期にビジネスで成功することが必要だと考えた窪田さんは、「それならばベンチャー企業に入って会社経営のあらゆることを若いウチに勉強しよう」と決心。入社したベンチャー企業は数年でIPOを実現し、上場のプロセスを全て勉強することができた。その後は、株式投資をしながら、自分で会社を経営すると同時に、投資顧問会社で投資関連の仕事もこなしている。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

竹井善昭 [ソーシャルビジネス・プランナー&CSRコンサルタント/株式会社ソーシャルプランニング代表]

マーケティング・コンサルタントとしてクルマ、家電、パソコン、飲料、食品などあらゆる業種のトップ企業にて商品開発、業態開発を行なう。近年は領域を社会貢献に特化し、CSRコンサルタント、社会貢献ビジネスの開発プランナーとして活動。多くの企業にてCSR戦略、NGOのコミュニケーション戦略の構築を行なう。「日本を社会貢献でメシが食える社会にする」ことがミッションに、全国各地で講演活動を行なう。ソーシャル系ビジネスコンテストや各種財団の助成金などの審査員多数。また、「日本の女子力が世界を変える」をテーマに、世界の女性、少女をエンパワーメントするための団体「ガール・パワー(一般社団法人日本女子力推進事業団)」を、夫婦・家族問題評論家の池内ひろ美氏、日本キッズコーチング協会理事長の竹内エリカ氏らと共に設立。著書に『社会貢献でメシを食う。』『ジャパニーズスピリッツの開国力』(いずれもダイヤモンド社)がある。

株式会社ソーシャルプランニング
☆竹井氏ブログ 社会貢献でメシを食う〝REAL(リアル)〟
☆Twitterアカウント:takeiyoshiaki


社会貢献でメシを食う。NEXT 竹井善昭

CSRやコーズマーケティングをはじめ、「社会貢献」というテーマがポピュラーとなったいま、「社会貢献のセカンドウェーブ」が来ている。新たなサービスやプロジェクトのみならず、新たな主役たちも登場し始めた。当連載では話題の事例を取り上げながら、社会貢献的視点で世の中のトレンドを紹介していく。
*当連載は、人気連載『社会貢献を買う人たち』のリニューアル版として、2014年1月より連載名を変更しました。

「社会貢献でメシを食う。NEXT 竹井善昭」

⇒バックナンバー一覧