ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
いまこそ読みたい! ダイヤモンド社100年100冊
【第64回】 2015年4月9日
著者・コラム紹介バックナンバー
鎌塚正良 [ダイヤモンド社論説委員]

「独立を求めるつもりは毛頭ない」
ダライ・ラマ14世の考えが凝縮された演説集
『ダライ・ラマ 平和のために今できること』

1
nextpage

今年7月で80歳を迎えるダライ・ラマ14世。今回ご紹介するのは、彼の考えが凝縮された演説集『ダライ・ラマ 平和のために今できること』です。世界平和のために私たち一人ひとりができることとは何か、考えるヒントが満載です。

2008年のチベット騒乱直後の
スピーチなどを収録

ダライ・ラマ14世著『ダライ・ラマ 平和のために今できること』2008年8月刊。本書の最後には、リチャード・ギアやブラッド・ピットなど、著名人による推薦文が掲載されています。

 北京五輪の開会式が5ヵ月後に迫った2008年3月10日。中華人民共和国チベット自治区のラサ市で暴動が発生しました。チベット独立を求めるデモをきっかけに、暴徒化したチベット族が漢族を襲撃し、商店を略奪・放火したとされる事件でしたが、暴動の詳細については未だに明らかになっていません。

 とまれ、中国政府の温家宝首相(当時)は「暴動はダライ・ラマ14世の組織的な煽動によるものだ」と非難。これに対してダライ・ラマ14世は中国政府の見解を否定し、この暴動におけるチベットの処置について、「文化の大虐殺(カルチャー・ジェノサイド)に等しい」などと中国共産党を厳しく批判しました。

 もっとも、ダライ・ラマ14世は、チベットの独立を求めているわけではありません。01年10月、フランスのストラスブールで開催された欧州議会で登壇したダライ・ラマ14世は、「チベットが中華人民共和国の枠組みの中で真の自治を享受することを想定している」と演説しました。また、07年10月に行われた米国議会黄金勲章授賞式のスピーチにおいても、「チベット自治区は中華人民共和国の一部であり、あくまでも高度な自治を求めているのであってチベット独立の考えはない」ことを表明しました。

  本書『ダライ・ラマ 平和のために今できること』には、ラサ暴動18日後の3月28日、ダライ・ラマ14世が世界中の中国人に向けて発表した声明(「中国人のみなさまへ」)が収められていますが、その声明でも同様の趣旨を繰り返しています。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
  • ダイヤモンド・オンライン 関連記事
    借りたら返すな!

    借りたら返すな!

    大久保 圭太 著

    定価(税込):本体1,500円+税   発行年月:2017年7月

    <内容紹介>
    会社がつぶれないためには、会社に「お金」があればいい。つぶれない会社に変わるための「銀行からの調達力を上げる7つのステップ」や「儲ける会社がやっている6つのこと」、「つぶれそうな会社でも、なんとかる方法」などを紹介。晴れの日に傘を借りまくり、雨になったら返さなければいい、最強の財務戦略を指南する。

    本を購入する
    ダイヤモンド社の電子書籍

    (POSデータ調べ、8/6~8/12)



    鎌塚正良 [ダイヤモンド社論説委員]

    1978年ダイヤモンド社入社。「週刊ダイヤモンド」編集長などを経て、現在は書籍編集局担当の取締役兼論説委員。


    いまこそ読みたい! ダイヤモンド社100年100冊

    ダイヤモンド社は2013年5月1日に創立100年を迎えることになりました。雑誌を追う形で始まった書籍事業も、ビジネスジャンルを中心に刊行点数は1万点を優に超えています。

    書籍は、その時々の経済環境や流行など世相を色濃く反映しているものが多数を占めますが、時代を超えて読み継いでもらいたい名著が、私達の書棚にはたくさん並んでいます。

    本連載は100周年を記念し、普遍の名著と呼ばれる作品から、今だからこそ読みたい隠れた名作まで、有名無名織りまぜた100冊を紹介していきます。ダイヤモンド社が誇るベテラン執筆陣の、単なる書評にとどまらない論説をご期待ください!

     

    「いまこそ読みたい! ダイヤモンド社100年100冊」

    ⇒バックナンバー一覧