ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
3分間ドラッカー 「経営学の巨人」の名言・至言

NPOの成果は内部ではなく組織の外にある

上田惇生
【第147回】 2009年6月30日
著者・コラム紹介バックナンバー
新しい現実
ダイヤモンド社刊
1785円(税込)

 「NPOの多くは、たんにマネジメントを実践しているだけではない。マネジメントの革新者となり先駆者となっている」(『新しい現実』)

 これからは2つのセクターではなく、3つのセクターが必要であるとドラッカーは言う。政府と企業に加えて、サードセクターと呼ばれるもの、すなわちNPOが必要である。

 ドラッカーは時として、こういう妙な言い回しをする。「あらゆるNPOが、最もよくマネジメントされているNPOのように、自らをマネジメントしなければならない」。

 今日に至るも、依然として多くのNPOが、善き意図と純粋な心さえあれば十分だと信じており、仕事ぶりや成果には責任がないと思っている。

 その結果、活動を分散させ、あまり重要でないことや営利企業のほうが安く優れた仕事を行なえることにムダな力を注いでいる。

 NPOの成果は、組織の外にあるのであって、内部にあるのではないことを確認しなければならない。そして、すべてを使命とともに始めなければならない。

 「アメリカ人が寄付を増やしたわけではない。サードセクターの隆盛は、収入増によるものではない。それはマネジメントの向上によっている。サードセクターの多くが、同じ資源からより多くの成果をあげるようになった。NPOには、もはやボランティアなるものはいない。いるのは、無給のスタッフというべきものである」(『新しい現実』)

関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

上田惇生(うえだ・あつお) 

 

ものつくり大学名誉教授、立命館大学客員教授。1938年生まれ。61年サウスジョージア大学経営学科留学、64年慶應義塾大学経済学部卒。経団連、経済広報センター、ものつくり大学を経て、現職。 ドラッカー教授の主要作品のすべてを翻訳、著書に『ドラッカー入門』『ドラッカー 時代を超える言葉』がある。ドラッカー自身からもっとも親しい友人、日本での分身とされてきた。ドラッカー学会(http://drucker-ws.org)初代代表(2005-2011)、現在学術顧問(2012-)。

 


3分間ドラッカー 「経営学の巨人」の名言・至言

マネジメントの父と称されたドラッカーの残した膨大な著作。世界最高の経営学者であったドラッカーの著作群の中から、そのエッセンスを紹介する。

「3分間ドラッカー 「経営学の巨人」の名言・至言」

⇒バックナンバー一覧