経営 X 人事
中原淳の学びは現場にあり!
【第8回】 2015年4月22日
著者・コラム紹介 バックナンバー
中原 淳 [東京大学大学総合教育研究センター准教授],井上佐保子

女性の早期離職を防ぐ3つの秘密とは?


検証現場 ⇒ベアーズ【後編】

洗面台の下を掃除する方法を学ぶベアーズレディたち。講師が教える裏技にベテラン主婦たちも驚きを隠せない。

「楽しむ、学ぶ、働く」の3本柱がヤル気を生む

 顧客の喜ぶ笑顔、感謝の言葉がベアーズレディたちのモチベーションのもととなっていることは確かですが、同じ顧客を長期間担当することで、馴れ合いになることを避けるため、半年に一度、問題がないかを必ず確認するなど、顧客との関係が深くなり過ぎないように配慮がなされています(双方に問題がなければ、7年、8年と続くこともあります)。

 代わりに、会社、社員、ベアーズレディ同士の関係を深めることで、長く働いてもらえるようにと、ベアーズでは、ベアーズレディ同士の交流を深めるイベントも度々開催しています。

 たとえば、年に一度、優秀なベアーズレディを表彰する「愛と感謝の祭典」を開催する他、春は花見、夏はビアガーデンなどを行っています。「 3~4年前まで、我々は、少しでも時給が上がるほうが嬉しいだろうと考えていて、昇給制度も設けました。

 ですが実は彼女たちが求めるものは、それだけではない、ということに気づきました。重要なのは、そこに『出会い』『学び』『楽しみ』があり、かつ『働けてお金がもらえる』ということだったのです」(髙橋専務)。

経営 X 人事 特集TOPに戻る

 

 

中原 淳[東京大学大学総合教育研究センター准教授]

東京大学 大学総合教育研究センター准教授。著書に『職場学習論』『経営学習論』『活躍する組織人の探究』『研修開発入門』『駆け出しマネジャーの成長論』など多数。企業における人材開発の実証的研究をすすめるかたわら、さまざまな研修・ワークショップなどを開発・評価。近年では、新任マネジャー向けワークショップ「マネジメントディスカバリー」、人材開発担当者向けワークショップ「研修開発ラボ」などを開発。Blog: http://www.nakahara-lab.net/blog/、Twitter ID: nakaharajun

 

 

井上佐保子(いのうえ・さおこ)

1972年東京都生まれ。慶應義塾大学文学部卒。通信社、出版社勤務を経て、2006年にフリーランスライターとして独立。企業の人材育成、人材マネジメント、キャリアなどをテーマとして、企業事例、インタビュー記事などを執筆。人事・人材育成分野の書籍ライティングも手がけている。


中原淳の学びは現場にあり!

このコーナーでは、毎回、“学びに満ちた仕事の現場”を訪問し、WorkplaceLearning(職場の学び)の観点から、検証していきます。日頃はあまり目にすることのないさまざまな職種の「現場」。そこでは、どのような仕事がなされ、人はどのようにして知識やスキルを学び、育っているのでしょうか。企業の人材育成では見落とされがちな「学びのスイッチ」を掘り当てます。

「中原淳の学びは現場にあり!」

⇒バックナンバー一覧