ダイヤモンド社のビジネス情報サイト

七十七銀行津波訴訟で遺族敗訴
企業の責任はどこまで問えるのか?

池上正樹 [ジャーナリスト],加藤順子 [フォトジャーナリスト、気象予報士]
2015年4月24日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

勤務中の万一の災害時、従業員の命は、企業にどこまで責任を持って守ってもらえるのか――。2011年の東日本大震災で宮城県女川町の七十七銀行女川支店の従業員が、指示された避難先の屋上から大津波に流され、12人が死亡・行方不明となったのは「銀行が安全配慮義務を怠った」からだとして、3人の従業員の遺族が計2億3500万円の損害賠償を求めていた22日の控訴審判決。仙台高裁の中山顕裕裁判長は、1審の判決を支持し、遺族たちの控訴を棄却。原告は、最高裁に上告する方針を明らかにした。今年2月の結審後、和解協議は不調に終わっていた。(加藤順子、池上正樹)

企業に従業員を守る義務はない?
納得できない判決に遺族も怒り

仙台高裁入りする原告団(2015年4月22日)
Photo by Yoriko Kato

 「津波がどんなに恐ろしいものなのか。どんなに危険なことなのかを考えれば、その場にとどまることなく、より安全な所に逃げる。高台に逃げるということは、津波避難の基本的な行動だと思っていた。納得できません。判決の理由も、理解できません。このままでは、息子も納得できませんよ」

 判決後の会見で、行員だった息子の田村健太さん(当時25歳)を亡くした遺族の弘美さんは、そう唇をかんだ。

 「津波が確実に来るとわかっていた七十七銀行女川支店において、屋上に避難するのか、近くの高台に避難するのかが、この裁判で問われていた。控訴審で、私たちは安全配慮義務について深く議論してきたが、判決ではすっぽり抜け落ちてしまった。いったい企業が負う安全配慮義務とはどういうものなのか。明確な判断がされていない」

 企業防災の道しるべになるような判決を求めてきた原告弁護団は、安全配慮義務の前提にある「予見可能性の対象となるべき具体的事実が何なのか」を示さないまま、「津波の高さの予見が対象」と結論づけた判決を批判した。

 また、佐藤靖祥弁護士は、学校で教諭がサッカーをさせて落雷に遭った事故を巡り、高裁では「遠くで雷鳴が聞こえていても、落ちるとは思わない」として請求を認めなかったものの、最高裁では「科学的知見によれば、安全配慮義務がある」と認定した判例を指摘。

 「女川支店の屋上の高さである10メートルを超える津波があり得るのかどうか、文献を交えて主張してきた。判決では、他の地域で20メートルを超える津波は来ているが、女川には5.9メートルを超えるデータがなかったから、安全配慮義務違反とはいえないと認定している。でも、僕らが主張してきたのは、他で20メートルの津波が来ていれば、ここにだって来る可能性がある。津波とはそういうものであり、常にそのことを考えて行動すべきだということこそ、安全配慮義務だと設定してきたのです」

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

池上正樹 [ジャーナリスト]

通信社などの勤務を経て、フリーのジャーナリストに。主に「心」や「街」を追いかける。1997年から日本の「ひきこもり」界隈を取材。東日本大震災直後、被災地に入り、ひきこもる人たちがどう行動したのかを調査。著書は『ひきこもる女性たち』(ベスト新書)、『大人のひきこもり』(講談社現代新書)、『下流中年』(SB新書/共著)、『ダメダメな人生を変えたいM君と生活保護』(ポプラ新書)、『あのとき、大川小学校で何が起きたのか』(青志社)など多数。TVやラジオにも多数出演。厚労省の全国KHJ家族会事業委員、東京都町田市「ひきこもり」ネットワーク専門部会委員なども務める。YAHOO!ニュース個人オーサー『僕の細道』

 

加藤順子 [フォトジャーナリスト、気象予報士]

気象キャスターや番組ディレクターを経て、取材者に。防災、気象、対話、科学コミュニケーションをテーマに様々な形で活動中。「気象サイエンスカフェ」オーガナイザー。最新著書は、ジャーナリストの池上正樹氏との共著『あのとき、大川小学校で何が起きたのか』(青志社)。『ふたたび、ここから―東日本大震災・石巻の人たちの50日間』(ポプラ社)でも写真を担当し、執筆協力も行っている。他に、共著で『気象予報士になる!?』(秀和システム)。最新刊は『石巻市立大川小学校「事故検証委員会」を検証する』(ポプラ社)。
ブログ:http://katoyori.blogspot.jp/


DOL特別レポート

内外の政治や経済、産業、社会問題に及ぶ幅広いテーマを斬新な視点で分析する、取材レポートおよび識者・専門家による特別寄稿。

「DOL特別レポート」

⇒バックナンバー一覧