ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
秘書だけが知っている仕事ができる人、できない人 能町光香

この連載では、10年間秘書を務め、現在では一流秘書の育成に携わる能町光香さんが、経営層に近いところで働く秘書だからこそ垣間みることができた、一流の人たちの仕事術についてお伝えしていきます。
 

RSS
スペシャル・インフォメーションPR
「秘書だけが知っている仕事ができる人、できない人 能町光香」の全記事一覧
  • 第49回 なぜ一流のリーダーは「時間がない」と言い訳をしないのか 

    [2017年02月14日]
    皆さんは「もっと時間があれば」と日々思いながら働いていませんか?また、上司から仕事を頼まれた時、「ちょっと時間がなくて…」と仕事を断ることが続いていませんか?もし思い当たれば、「時間がない」という言葉の罠に気づく必要があります。なぜでしょうか?

  • 第48回 なぜ一流のリーダーは上質な靴にこだわるのか 

    [2017年01月31日]
    一流のリーダーには「装い」へのこだわりがあり、その一例として「カフスボタン」を前々回ご紹介しました。今回は「靴」に対するこだわりについてお伝えします。普段から、ビジネスシューズに気を配っていない人は、本記事必読です!

  • 第47回 なぜ一流のリーダーは「現場」の把握に熱心なのか 

    [2017年01月17日]
    「本社は現場を知らない」「役員は現場のことをわかっていない」――皆さんはこうした不満を耳にしたことがありませんか?今回は一流のリーダーが社員の不満もすべて吸い上げ1年後にライバル社を追い抜いた話です。業績や組織の問題で悩む方はぜひ参考にしてみてください。

  • 第46回 なぜ一流のリーダーのアクセサリーは控え目なのか 

    [2017年01月04日]
    新年を迎え、心が踊る気分になるとともに気が引き締まる思いがするものです。そんななか、スーツやネクタイなどを新調したいと思う人も少なくないでしょう。そこで今回は、一流のリーダーがこだわる「装い」のエピソードを取り上げます。

  • 第45回 一流のリーダーは部下にどう適切な目標を立てさせているか 

    [2016年12月20日]
    「(上司からの)目標設定に納得がいかない」と思ったことはありませんか?実は一流のリーダーは、部下の目標設定に目を光らせています。なぜならチーム全体の成果が大きく変わってくることをよく知っているからです。

  • 第44回 一流リーダーの秘書はどうやって「時間」を生み出しているか 

    [2016年12月06日]
    多忙を極めるリーダーの時間を無駄にしないように、秘書はリーダーの「時間の操縦士」であることが求められます。今回は、秘書時代に行った時間活用のユニークなアイディアを2つ紹介します。これらを参考に時間の有効活用を見つけてください。

  • 第43回 なぜ一流のリーダーは「孤独」を愛するのか 

    [2016年11月22日]
    職場で「誰も理解してくれず孤独を感じる」と感じたことはありませんか。特にポジションが上がるにつれ、「孤独」を感じながら仕事をすることはリーダーの宿命。今回は、一流のリーダーがなぜ「孤独」を愛するのかについて考えてみましょう。

  • 第42回 なぜ一流のリーダーは「教養」を重要視するのか 

    [2016年11月08日]
    一流のリーダーは「教養」を重視しています。彼らは一体どのように「教養」を身につけているのでしょうか。それは、時間を有効活用するため、好きなことや興味を持ったことを楽しみながら学びを深めていく姿勢と行動力です。

  • 第41回 なぜ一流のリーダーは部下の都合を尊重するのか 

    [2016年10月25日]
    普段、「仕事が終わらない」と時間に追われる人にとって、「なぜあの人は仕事が早くできるのだろう」と思う方も少なくありません。そこで今回は秘書の経験から学んだ一流のリーダーの時間活用術についてお伝えします。

  • 第40回 理不尽な上司とストレスなく付き合える人の対応力 

    [2016年10月11日]
    仕事をしていると、理不尽な目にあうことがあります。そんな時、秘書は、職業上、上司の仕事のストレスを直接受けやすい立場にいます。そこで今回は秘書の立場から「理不尽な発言をやんわりと跳ね返す方法」についてお伝えしたいと思います。

  • 第39回 なぜ一流のリーダーには“苦手な人”がいないのか 

    [2016年09月27日]
    仕事をしていると、いろいろな人たちと出会います。相性のあう人もいればそうでない人もいます。相性のあわない人と会うのは、気が重くなるものです。しかし一流のリーダーは、感情を乱されることなくどんな人とも話ができる達人です。

  • 第38回 一流のリーダーは「上手な謝り方」を知っている 

    [2016年09月13日]
    上手に「謝る」ことができるかどうかで、そのあとの相手との関係性が変ってきます。上手く「謝る」ことで、今まで以上にいい関係を築くこともできます。一流のリーダーは、「謝る」必要がある時を見極める達人です。

  • 第37回 なぜ一流のリーダーは平常心でピンチを乗り切れるか 

    [2016年08月30日]
    仕事をしていると「予期せぬこと」に突如見舞われることがあります。一流のリーダーは、ピンチの時の切り抜け方を心得ています。大事な事態がおきた時、相手と同じ「土俵」に立ってはいけない。これが彼らが常に意識していることです。

  • 第36回 なぜ一流のリーダーは部下を叱るのが上手いのか 

    [2016年08月16日]
    最近、「叱り方がわからない」と悩む人が増えています。しかし、部下や後輩がいれば、叱らなければならない場面もあります。そんなとき、人間関係をうまく構築できる一流のリーダーは、どのように叱ることで乗り切っているのでしょうか。

  • 第35回 なぜ一流のリーダーは、重要な意思決定を素早くできるのか 

    [2016年08月02日]
    「意思決定に時間がかかってしまう」「判断するのをためらってしまう」そんな悩みをもっていませんか?私がエグゼクティブを補佐する秘書として働き始めた時は、驚きの連続でしたが、なかでも特に、「果敢に意思決定していく姿」に圧倒されました。

  • 第34回 なぜ一流のリーダーはゴールドの腕時計を身につけないのか 

    [2016年07月19日]
    一流のリーダーたちは、必ず「腕時計」を身につけています。ところが、ある「腕時計」だけは身につけないようです。その「腕時計」とは、どんなものでしょうか?それは、「ゴールドの腕時計」です。

  • 第33回 一流のリーダーが、社外で会議を行う理由とは? 

    [2016年07月05日]
    一流のリーダーたちは、社外での会議、つまり「オフサイトミーティング」を効果的に取り入れています。より活発な議論を促すために、あえて社外へと場所をうつし、日常の喧噪から離れた「特別な環境」で会議をおこなうのです。

  • 第32回 一流のリーダーは「気配り」で部下のやる気を引き出している 

    [2016年06月21日]
    「もともと『気遣い』ができる人が秘書になれるのですか?」とよく聞かれます。しかし実際は、違います。補佐してきたリーダーが、なによりも「気配り」のできる方たちであり、それゆえ、側で働く秘書である私も自然と「気配り」が身についてきたのです。

  • 第31回 一流のリーダーはすべての会議をこうして30分以内にした 

    [2016年06月07日]
    「会議の時間が長すぎる」「ムダな会議が多い」こんな不満を抱えていませんか?しかし「会議の時間をもっと短くしてもらいたい」「できればこの会議には参加したくない」などとは、口がさけても言えないと思っている人は多いのではないでしょうか。

  • 第30回 なぜ一流のリーダーは忙しくてもスポーツをしたがるか 

    [2016年05月24日]
    仕事での集中力を高めるためには、「仕事以外の活動」がとても重要であると、一流のリーダーたちは知っています。そのため、仕事に集中するために「リフレッシュの時間」を大切にしています。

1
nextpage

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事