ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
inside Enterprise

“輪廻転生”の歴史は続くのか
ノキア、アルカテル買収の勝算

週刊ダイヤモンド編集部
2015年4月30日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage
ノキアは、成長領域の地図事業も売却する可能性がある
Photo by Jun Morikawa

 壇上に立ったインド人CEOは確信に満ちた表情で強く語った。

 「これは弱い者同士のコンビネーションではない。われわれはそれぞれの構造改革を完遂し、市場でモメンタム(勢い)を持っている」

 4月15日、フィンランドの通信インフラ企業、ノキアは、フランスの同業、アルカテル・ルーセントとの買収合意を発表した。買収額は156億ユーロ(約2兆円)で、通信インフラ界では史上最大の買収劇だった。

 ノキアといえば、2006年に世界の携帯電話のシェア41%を握った元“携帯の王者”。だが、その後のスマートフォンの台頭に乗り遅れ、13年には携帯部門を米マイクロソフトに売却することになった。

 「どの国に行っても、空港でノキアの着信音が鳴っていたのが誇りだった」(ノキア関係者)だけに、その凋落は悲観的に語られた。

 だが実は、ノキアはもともと1865年に製紙会社として誕生し、その後、ゴム、家電、パソコンなどと次々と本業を変えてきた企業。携帯の成功と敗北も、長い業態変化の歴史から見れば、“輪廻転生”の一つともいえ、今は通信インフラへの注力を鮮明にしている。

 ノキアのラジーブ・スーリCEOは2月、本誌のインタビューに「ノキアには、常に変化し続ける文化がある。過去ではなく、今勝ち続けるのが重要」と述べていた。

 その結果、ノキアは携帯部門の売却からわずか1年で経営を黒字化させ、しかも、すぐさま反転攻勢に2兆円をつぎ込んだのだ。

 買収の一番のインパクトは、業界勢力図が一気に変わることだ。

次のページ>> 携帯にも再進出か
1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

週刊ダイヤモンド編集部


inside Enterprise

日々刻々、変化を続ける企業の経営環境。変化の中で各企業が模索する経営戦略とは何か?『週刊ダイヤモンド』編集部が徹底取材します。

「inside Enterprise」

⇒バックナンバー一覧