ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
女性活躍推進を阻む企業の誤解

女性管理職の増えない企業が被る5年後の損失

林 恭子 [グロービス経営大学院教員],君島朋子 [グロービス経営大学院教員]
【第1回】 2015年5月8日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

「女性管理職を増やせ」
そう言われた男性役員たちの本音は…

あなたの会社、女性が活躍できていますか? Photo:yuuu-Fotolia.com

 長い営業幹部会議を終えた高橋は、廊下に出て大きくため息をついた。

 「女性の活躍推進、管理職比率30%ねえ…」

 歴史ある中堅規模の電気メーカー勤務の高橋は、中部日本エリアの営業部長である。現在50代。今終わったばかりの、部長以上を対象とした営業幹部会議で、役員からこんな話があったのだ。

 「社長の方針で、わが社も女性社員の活躍推進を進め、2020年までに女性管理職比率30%を目指すことになった。各自担当分野でしっかりやってくれ」

 安倍政権発足後、やれ、アベノミクスだ、3本の矢だ、女性の活躍推進だと言われているが、そうした政府の方針発表や、経済同友会からの「2030年までに女性管理職比率を30%に」という宣言に社長も抗えなかったのだろう。

 「おう、高橋、久しぶりにちょっと飲んでいかないか?」

 振り返ると、同期入社で現在は西日本エリア担当の営業部長をしている斎藤が立っていた。

 ビールで喉を潤しつつ、高橋のつぶやきが始まった。

 「今日の役員の話、聞いたろ?まったく、困るよなあ。女性を管理職に3割なんて。そんなことしたら仕事にならないだろう?」

 斎藤も続く。

 「そうなんだよ。だって、入社してようやく仕事を覚えてきたなと思ったら、大事な時に産休育休でいなくなるだろ。その上戻ってきたら時短勤務なんていうのじゃなあ。実際、普通の営業担当だって続かないで辞めちゃっている子も多いだろ?女性を管理職に1人あげるだけだって大変なのに、3割なんて、夢物語だよな」

 運ばれてきた刺身をつまみながら、2人は続ける。

 「でもさ、最近の世の中、やたらCSRとかうるさいからさ、やらざるを得ないのかねえ」

 「そうそう、今はコーポレートガバナンス報告書にも、女性役員の人数とか、女性管理職比率とか書かなきゃいけないらしいよな」

 「確かにきついよな。すごい低い数値とか、書きにくいしさ」

 「それに最近、ソーシャルメディアとかですぐに文句言われちゃうらしいからな。先日もほら、A産業はブラック企業とか騒がれて、ウェブサイトが炎上したんだろ」

 「そうだな、そうならないように、やらざるをえないんだろうなあ。…仕方ないか」

 「うん、…仕方ないな」

 2人はまた大きなため息をつく。

 「ま、3割なんて絶対無理なんだから、会社として何とか穏便な落としどころを作って、嵐が過ぎ去るのを待つっていうことなんだろうな」

 「同感、同感。あ、お姉さん、ビール、お代わり」

 「…それにしてもさ、女性の活躍推進って、うちの営業は無理だよな」

 「そうだな、やるなら人事とか、それこそCSR推進室とかさ、管理部門で何とかやってほしいよな」

 「そうだよな、俺たちのところには厄介なものを持ち込まないでほしいよな…」

 「ま、そういうことだな…」

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

林 恭子 [グロービス経営大学院教員]

グロービス経営大学院教員・(株)グロービス 経営管理本部 本部長。筑波大学大学院ビジネス科学研究科博士課程前期修了。モトローラにてOEMを担当した後、ボストン・コンサルティング・グループの人事担当リーダーとして幅広く人材マネジメントに携わる。現在はグロービスにて経営管理全般を統括、兼任でグロービス経営大学院の教員としてリーダーシップ、ダイバーシティマネジメント、キャリア開発等の領域を担当。企業研修、講演も多数。共著書に『【新版】グロービスMBAリーダーシップ』(ダイヤモンド社)、『「変革型人事」入門』(労務行政)、『女性プロフェッショナルたちから学ぶキャリア形成』(ナカニシヤ出版)。
GLOBIS知見録
GLOBIS GROUP

 

君島朋子 [グロービス経営大学院教員]

グロービス経営大学院 教員・(株)グロービス ファカルティ本部 本部長。国際基督教大学教養学部卒業、東京大学大学院総合文化研究科修士課程修了。法政大学大学院経営学研究科キャリアデザイン学専攻修士課程修了。マッキンゼー・アンド・カンパニーを経て、グロービスに入社。現在はファカルティ本部にて研究開発とファカルティ・ディベロップメント活動を統括。グロービス経営大学院の思考領域・人材マネジメントの教員を兼任。主に日本企業の人的資源管理と女性労働についての研究に携わる。キャリアデザイン学会会員。
GLOBIS知見録
GLOBIS GROUP

 


女性活躍推進を阻む企業の誤解

日本企業において今ほど女性リーダー、マネジャーの活躍推進が望まれている時代は無い。しかし、現実に多くの企業で女性リーダーの台頭が広く進みそうな気配は依然としてうかがえない。女性リーダーが生まれない日本企業の現状を変えるためには、どうすべきか。この連載では、女性活躍推進を阻む企業のなかにある誤解を紹介し、その打開策を見出していく。

「女性活躍推進を阻む企業の誤解」

⇒バックナンバー一覧