ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
3分間ドラッカー 「経営学の巨人」の名言・至言

経営において外部からの血を入れる重要さ

上田惇生
【第22回】 2007年12月13日
著者・コラム紹介バックナンバー
現代の経営
ダイヤモンド社刊 1800円(本体)

 「人事は社内だけで行ってはならない。これは原則である。マネジメントには外の血を入れることが必要である。それは独善や社会からの遊離を防ぐために必要である」(『現代の経営』)

 マネジメントの高い地位に外部から人を招くこと、および招き入れたからには内部から昇進してきた者と同じ待遇を与えることが必要である。しかも、そのことを組織中が理解し、当然のことと納得していなければならないという。

 ドラッカーは典型的な例として、米大手小売業シアーズの歴史を紹介する。シアーズ内部の通信販売業で育った者たちだけでは、その後の成長をもたらした小売事業への展開を行なうことはできなかった。外部から人材を招き入れた結果、事業の転換が可能となった。

 同じようなことがヘンリー・フォードのワンマン経営のあとにも見られる。フォードの再建にはライバルのGMからさえ、トップマネジメントの人材を引き抜かざるをえなかった。

 外には内よりも優れた人材がいるということではない。外にいたということが重要な意味を持つのである。

 日産自動車はルノーからの資金を必要とした。しかし、今となってみれば、本当に必要としたのは、カルロス・ゴーンという外からの血だったことがわかる。

 「危機においてだけではなく、常時外部の人間を招き入れることによって、危機を予知しなければならない。そして、危機を避けなければならない」(『現代の経営』)

関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

上田惇生(うえだ・あつお) 

 

ものつくり大学名誉教授、立命館大学客員教授。1938年生まれ。61年サウスジョージア大学経営学科留学、64年慶應義塾大学経済学部卒。経団連、経済広報センター、ものつくり大学を経て、現職。 ドラッカー教授の主要作品のすべてを翻訳、著書に『ドラッカー入門』『ドラッカー 時代を超える言葉』がある。ドラッカー自身からもっとも親しい友人、日本での分身とされてきた。ドラッカー学会(http://drucker-ws.org)初代代表(2005-2011)、現在学術顧問(2012-)。

 


3分間ドラッカー 「経営学の巨人」の名言・至言

マネジメントの父と称されたドラッカーの残した膨大な著作。世界最高の経営学者であったドラッカーの著作群の中から、そのエッセンスを紹介する。

「3分間ドラッカー 「経営学の巨人」の名言・至言」

⇒バックナンバー一覧