ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
山崎元のマルチスコープ

「学歴フィルター」問題から新しい就活の形を考える

山崎 元 [経済評論家・楽天証券経済研究所客員研究員]
【第380回】 2015年6月10日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

暗黙の学歴フィルターが露見した
ゆうちょ銀行の炎上

学生からすれば、「平等な評価」という建前でありながら門前払いを食うのは納得がいかなくて当然だろう

 目下、大学4年生は長きにわたる就職活動期間にある。経団連の申し合わせで大学3年生の3月から会社説明会など企業と学生の接触が解禁され、8月からいわゆる採用の「内定」を出していいというのが一般的なゲームのルールだ。学生には、奇妙に不自由である一方で、多くの場合長々続く就職活動は、本当にご苦労なことだと思う。

 本来的には正しいこのルールを無視する企業もあるが、各社の人事部同士が徹底的な競争を避けたいと考える談合的意図もあって、おおむね建前のスケジュールを踏まえて就職・採用の活動が進行している。

 もっとも、企業・学生双方で実質的な「抜け駆け」があるのが現実であり、「内定を出すことの確約としての内々定…」のようなものは既に出回っている。

 こうした状況下で、たまたま「ゆうちょ銀行」が、就職案内のセミナーの参加希望者に対して、所属大学で差別をしていることが明らかになり、ネット空間で大いに話題になった。

 いわゆる偏差値があまり高くない大学の学生としてセミナーに出席しようと申し込むと「満席」で断られる一方で、所属大学を東京大学として申し込もうとすると簡単に出席の予約が取れるといったことが発覚したのだった。暗黙のうちに使おうとした「学歴フィルター」が露見した。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

山崎 元 [経済評論家・楽天証券経済研究所客員研究員]

58年北海道生まれ。81年東京大学経済学部卒。三菱商事、野村投信、住友信託銀行、メリルリンチ証券、山一證券、UFJ総研など12社を経て、現在、楽天証券経済研究所客員研究員、マイベンチマーク代表取締役。


山崎元のマルチスコープ

旬のニュースをマクロからミクロまで、マルチな視点で山崎元氏が解説。経済・金融は言うに及ばず、世相・社会問題・事件まで、話題のネタを取り上げます。

「山崎元のマルチスコープ」

⇒バックナンバー一覧