ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
いまこそ読みたい! ダイヤモンド社100年100冊
【第73回】 2015年6月11日
著者・コラム紹介バックナンバー
坪井賢一 [ダイヤモンド社論説委員]

THE MODSや小室哲也を世に出した
音楽業界の重鎮による人生論
『往生際――“いい加減な人生”との折り合いのつけ方』

1
nextpage

今回ご紹介するのは、ソニー・ミュージックエンタテインメント元社長の丸山茂雄氏による『往生際』です。音楽業界にももちろん触れますが、ほかの経営者の伝記には通常見られない、重要なテーマが含まれています。その魅力をちょっとだけ紹介します。

最初は音楽のシロウトだった丸山氏

丸山茂雄著『往生際――“いい加減な人生”との折り合いのつけ方』2013年11月刊。著者の朗らかな表情と衝撃的なコピーが目を引きます。

 著者の丸山茂雄さんは、レコード会社の経営者として勇名をはせた人物です。1941年生まれ。68年に設立されたばかりのCBSソニー(現ソニー・ミュージックエンタテインメント=SME)へ公募で入社し、78年にはEPICソニーを設立、92年にSME副社長、98年には社長へ就任します。1期2年で退任し、音楽配信会社を独自に設立します。本書は経営者の自伝であると同時に、もうひとつ重要なテーマを持っていますが、それは最後に。

 CBSソニー設立時の専務が大賀典雄(1930-2011)さんでした。大賀さんは2年後に社長、82年にはソニー本体の社長となります。もともと東京芸術大学出身の声楽家でした。丸山さんは入社前、読売広告社で営業マンだったそうで、音楽にはシロウトです。

 ソフトビジネスというのは、最初はシロウトに一生懸命やらせてうろうろさせといて、途中からプロを入れるとうまくいくっていうことを覚えたわけよ、大賀典雄さんとか小澤敏雄さんっていう、創業者ふたりが(笑)。プロが手慣れたことを感動なしにやるよりも、シロウトが血相変えて非効率的に動き回るほうが、はるかに感動的な仕事をするっていうことに気づいた。「おお、こういうふうにやるとうまくいくんだ」って。そうなると、それの繰り返しだよね。何か新しいことをやるたびにそれだもの、たまらないよね、社員は。めちゃくちゃ乱暴だよな。でも、まだ高度経済成長期のまっただ中だったから、そういう無駄がゆるされる時代だったんだよね。(93ページ)

ここに登場する小澤敏雄さんは大賀さんの右腕として活躍した経営者で、大賀さんの後、80年から92年まで社長でした。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
自分の時間を取り戻そう

自分の時間を取り戻そう

ちきりん 著

定価(税込):本体1,500円+税   発行年月:2016年11月

<内容紹介>
生産性は、論理的思考と同じように、単なるスキルに止まらず価値観や判断軸ともなる重要なもの。しかし日本のホワイトカラー業務では無視され続け、それが意味のない長時間労働と日本経済低迷の一因となっています。そうした状況を打開するため、超人気ブロガーが生産性の重要性と上げ方を多数の事例とともに解説します。

本を購入する
ダイヤモンド社の電子書籍
(POSデータ調べ、11/20~11/26)


注目のトピックスPR


坪井賢一 [ダイヤモンド社論説委員]

1954年生まれ。78年早稲田大学政治経済学部卒業後、ダイヤモンド社入社。「週刊ダイヤモンド」編集長などを経て現職。著書に『複雑系の選択』『めちゃくちゃわかるよ!経済学』(ダイヤモンド社)『浦安図書館を支える人びと』(日本図書館協会)など。


いまこそ読みたい! ダイヤモンド社100年100冊

ダイヤモンド社は2013年5月1日に創立100年を迎えることになりました。雑誌を追う形で始まった書籍事業も、ビジネスジャンルを中心に刊行点数は1万点を優に超えています。

書籍は、その時々の経済環境や流行など世相を色濃く反映しているものが多数を占めますが、時代を超えて読み継いでもらいたい名著が、私達の書棚にはたくさん並んでいます。

本連載は100周年を記念し、普遍の名著と呼ばれる作品から、今だからこそ読みたい隠れた名作まで、有名無名織りまぜた100冊を紹介していきます。ダイヤモンド社が誇るベテラン執筆陣の、単なる書評にとどまらない論説をご期待ください!

 

「いまこそ読みたい! ダイヤモンド社100年100冊」

⇒バックナンバー一覧