男のスメルマネジメント

お客と女性運転手の苦情が発端
タクシー会社の驚くべき車内臭対策

 「あの…運転手さん、窓開けてもいいですか?(心の叫び:タクシーの運転手さんがクサイー!)」

タクシー会社では本格的な夏を前に、ニオイ対策が始まっていた!

 夏本番を間近に控え、気温は上昇、空気はジメジメして蒸し暑くなる中、移動のために乗り込んだタクシーの車内が涼しいとホッとする、という人は少なくないだろう。しかし、その密閉された車内に悪臭が立ち込めていたらどうだろうか。きっと清涼感が一気に失われ、不快な気分になるはずだ。当然、指摘などできないから、ニオイを嗅がないよう、移動中は口だけで呼吸していた…なんて人もいるかもしれない。

 近年、タクシー会社各社はおもてなしの側面を強めようと、運転技術のみならず、接客にも力を入れ始めている。タクシーはただの移動手段ではなく、快適な空間を提供する場へと変貌しようとしているのだ。そんなタクシー業界で、水面下に隠れ続けていた「ニオイ問題」に先進的に取り組む企業がある。

「車内が臭い」「乗りたくない」
お客様&女性社員からクレームが!

国際自動車の田中慎次取締役

 「弊社には『お客さまサービス部』というお客様の声が寄せられる部署があるのですが、お褒めの声と同時に苦情が寄せられることもあります。そこで以前、ニオイの苦情が複数寄せられたのです」

 こう語るのは、東京を拠点にタクシーやバスなどの運営を行う国際自動車(kmグループ)の田中慎次取締役だ。実際、同社には、下記のようなクレームが寄せられていた。

 「車内が臭い」
 「臭いがひどかった。お風呂に入っていないような臭いだった」

 同社のタクシードライバーは、多くが隔日勤務。出勤すると、途中休憩をはさむものの、15時間30分実働し続けることになる。車内は、お客様優先の涼しすぎない快適な温度に設定され、ネクタイも必須。夏でも上着を脱ぐことはできない。したがって、いくら冷房が効いているとはいえ、上半身は蒸されている状態だ。


SPECIAL TOPICS


News&Analysis

刻々と動く、国内外の経済動向・業界情報・政治や時事など、注目のテーマを徹底取材し、独自に分析。内外のネットワークを駆使し、「今」を伝えるニュース&解説コーナー。

「News&Analysis」

⇒バックナンバー一覧