ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
シンプルに考える
【第12回】 2015年6月18日
著者・コラム紹介バックナンバー
森川亮

【南場智子×森川亮 特別対談(1)】
「成長したい」という人ほど、成長できない理由

1
nextpage

LINE(株)CEOを退任後、C Channel(株)を立ち上げた森川亮さんの初著作『シンプルに考える』の発刊を記念して、(株)ディー・エヌ・エー創業者である南場智子さんとのトークセッションが行われた。テーマは「結果を出す人の思考法~すごい人はなぜ、すごいのか?」。南場さんのベストセラー『不格好経営』『シンプルに考える』から引用した言葉をもとに語り合っていただいた。(この連載は、6月4日に東京カルチャーカルチャーで行われた対談イベントのダイジェスト版です。構成:田中裕子)

「成長したい」なんてこと忘れるくらい、
必死になった人が成長する

――本日は『シンプルに考える』発刊記念イベントに、株式会社ディー・エヌ・エー(以下DeNA)創業者であり現取締役ファウンダーの南場さんが駆けつけてくださいました。

森川 南場さん、今日はお忙しいところありがとうございます。

南場 よろしくお願いします。私、『シンプルに考える』を読んで、ものすごくピンと来たのね。考え方にまったく違和感がなかった。とくに、「モチベーションだへちまだ」ってあたりなんて、もうドンピシャで。

森川 ええ(笑)。

南場 「今日はモチベーションが上がらない」なんて言う人がいるじゃない。「プロなのになんでそういうこと考えるのかな」って疑問でしょうがなくて。プロ野球選手は、球場に集まってくれた3万人のファンの前で「今日はモチベーション上がらないから打ちたくない」なんて言わないでしょ?

森川 そんなことを言ったら、野球人生が終わってしまいますからね(笑)。

南場 プロ野球選手とプロのビジネスマンの我々とどう違うのか、という話です。

森川 厳しいものなんですよね、ビジネスは。僕は日本テレビとソニーを経てLINE(株)の前身であるハンゲーム・ジャパンに転職しました。けれど、大企業2社を経験していても、MBAで学んでいても、小さなベンチャー企業で活かせることってあんまりなかったんですよ。

南場 たしかにそうですね。

森川 大企業にいると、その組織で重宝されるスキルやキャリアパス、あとは資格取得とかばかり気にする人が多いでしょう。でも、仕事って本来、もっと「なまなましい」もので。

南場 そう、なまなましい。

森川 ええ。野生のなかで獲物を捕えるようなものだと思うんです。厳しい環境のなかで、厳しい自由を課せられる。そんなイメージですね。

――「厳しい自由を課せられる」という言葉が出たところで、『不格好経営』から、この言葉を引用したいと思います。「自分の成長だへちまだなどという余裕がなくなるくらい必死になって仕事と相撲をとっている社員ほど、結果が出せる人材へと、驚くようなスピードで成長するのである」。南場さん、いかがでしょうか?

南場 学生さんと話していると、「自分が成長できる会社を選びたい」という人が多いんですよね。もちろん成長はすべきだと思うし、考え方としては間違ってはいません。けれども、入社初日から給料をもらっている以上、プロフェッショナルとして自分を追い込んで成果を出すのが第一にすべきことで。

森川 会社は学校じゃないですからね。「与えられる場所」ではないというか。

南場 そうそう。必死になるからこそ、結果として成長するわけでしょう? どうも、「成長を考えるほど成長しない」というパラドクスがあるような気がするんですよね。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
「水」のように生きる

「水」のように生きる

植西 聰 著

定価(税込):本体1,300円+税   発行年月:2016年8月

<内容紹介>
「流されて、流して、浮かんで、柔軟に、恵みを与えて、かたよらずに、清らかに……」といった水の特性になぞらえて「無理せず、あせらず、逆らわず」に生きることを心がけると、人生は思いのほかうまく回っていくもの。 そして、その先には、誰もが望む「穏やかな人生」が待っている。

本を購入する
ダイヤモンド社の電子書籍
(POSデータ調べ、8/14~8/20)


注目のトピックスPR


森川亮 

1967年神奈川県生まれ。1989年筑波大学卒業後、日本テレビ放送網に入社。幼少時から一貫して音楽を続けてきたこともあり、音楽番組の制作を希望するもコンピュータシステム部門に配属。本格的にコンピュータを学ぶ。インターネットの登場に刺激を受け、ネット・ビジネスに傾倒。ネット広告や映像配信、モバイル、国際放送など多数の新規事業立ち上げに携わる。仕事のかたわら青山学院大学大学院にてMBAを取得。2000年にソニー入社。ブロードバンド事業を展開するジョイントベンチャーを成功に導く。2003年にハンゲーム・ジャパン株式会社(後にNHN Japan株式会社、現LINE株式会社)入社。4年後には日本のオンライン・ゲーム市場でナンバーワンとなる。2007年に同社の代表取締役社長に就任。2015年3月にLINE株式会社代表取締役社長を退任、顧問に就任。同年4月、動画メディアを運営するC Channel株式会社を設立、代表取締役社長に就任した。


シンプルに考える

「あれも大事、これも大事」と悩むのではなく、「何が本質なのか?」を考え抜く。そして、本当に大切な1%に100%集中する。シンプルに考えなければ、何も成し遂げることはできない――。LINE㈱CEO退任後、注目の経営者がはじめて明かす「仕事の流儀」!

「シンプルに考える」

⇒バックナンバー一覧