ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
マーケットが見える!人のココロをつかむセオリー

FOR THE PEOPLE の世界的トレンドに日本は?

カンヌの評価はかくも人間性重視の作品に集まった

藤田康人 [インテグレート代表取締役CEO]
【第81回】 2015年7月13日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

今年カンヌのテーマは
“Human Good”

 6月21日~27日、フランスのカンヌで行われた広告業界の世界最大の祭典、カンヌライオンズ 国際クリエイティビティ・フェスティバルに行ってきました。私にとっては、これで6回目のカンヌとなります。

 クリエイティブな仕事に携わる者として、世界最高水準の作品に1週間も触れ続けることで得られるインスピレーションは、さまざまな卓越した才能の存在への驚きとともに、アイデアのクオリティの高さに嫉妬し、打ちのめされる時間でもあります。

 そんなカンヌですが、今年は特に、例年とは違う意味での驚きと、ある種の戸惑いを感じる1週間となりました。

 ここ最近のカンヌは、“Social Good”というテーマがとても重要視されています。商用広告の枠を超え、さまざまな社会問題をクリエイティブで解決しようというメッセージが込められた作品が評価される傾向にあります。今や、企業だけではなく、NPOやNGOといった団体までが作品を携えて参加するイベントへと変わってきたのです。

 ところが、今年のカンヌでは、この“Social Good”のトレンドがさらに加速したのと同時に、一方で、方向性がこれまでとは大きく変わったようにも感じられました。

 これまでは、どちらかというと、地球環境の保全という概念に関わる、「サステナビリティ」「環境破壊」「エネルギー問題」などをテーマにした作品が中心でしたが、今年はこれら“Earth Good”なものよりも、人の生に関わる、「人権」「差別」「人命」など“Human Good”をテーマにした作品が数多く登場しました。

 その大きなきっかけの一つが、世界で女性の社会進出を支援するNPOであるLeanIn.orgが協賛し、今年のカンヌで性差別や偏見を打ち破るクリエイティブを讃える趣旨で新設された「グラスライオン」です。

 そのグラスライオンの初代グランプリに選ばれたのが、P&Gインドが行った、生理用品のキャンペーン「TOUCH THE PICKLE」です。これは、生理中の女性はピクルスの壺を触ってはいけない、というインドのタブーに挑戦したものでした。

 セレブリティやメディアも巻き込んだ結果、これが大きなムーブメントになり、290万人を超える女性がこのキャンペーンに参加、インドにおける同社生理用品の支持率も21%から91%に上がったといいます。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
IT&ビジネス
関連記事
クチコミ・コメント
facebookもチェック

藤田康人 [インテグレート代表取締役CEO]

慶應義塾大学を卒業後、味の素株式会社を経て、92年、フィンランド人の社長と二人でザイロフィン ファーイースト社(現ダニスコジャパン)を設立。素材メーカーの立場から キシリトール・ブームを仕掛け、キシリトール製品市場はゼロから2000億円規模へと成長。07年、株式会社インテグレートを設立し、代表取締役CEOに就任。著書に『どう伝わったら、買いたくなるか』『99.9%成功するしかけ』 『漂流する広告・メディア』講演活動も行っている。integrateGroupウェブサイト:http://www.itgr.co.jp/

 


マーケットが見える!人のココロをつかむセオリー

インターネットなど双方向メディアの普及に伴い、従来の広告メッセージが届きにくい時代になったと言われます。どんな方法なら消費者とのコミュニケーションが成立するのか。「次世代IMC」を掲げる注目のマーケティング企業CEOがその極意を伝授します。

「マーケットが見える!人のココロをつかむセオリー」

⇒バックナンバー一覧