HOME

メタボリック

肝臓

腰痛・肩こり

高血圧・高脂欠症

うつ・ストレス

ニオイ

薄毛

老化防止

禁煙

男の病気

親の所得が青年期の肥満に影響
小児期は「給食」が防波堤

井手ゆきえ [医学ライター],-週刊ダイヤモンド編集部-
【第252回】

 先日、日本医科大学衛生学公衆衛生学の可知悠子氏らから、家計と子どもの肥満に関する研究結果が報告された。

 可知氏らは、厚生労働省の2010年の調査から、6~11歳・397人と12~18歳・397人のデータを抽出。家庭の収入・支出、親の最終学歴、職業といった社会経済因子をそれぞれ3段階に分け、肥満との関連を調べた。世帯年収は、200万円未満(低位群)、200万~600万円未満(中位群)、600万円以上(高位群)としている。

 BMI(体格指数)で肥満度を測った結果、小児期(6~11歳)の12.3%、青年期(12~18歳)の9.1%がBMI25以上の肥満だった。さらに、社会経済因子ごとに肥満との関連を分析したところ、年収が高位群の家庭に比べ、中位群の家庭の青年は肥満リスクが2倍以上、低位群の家庭では1.5倍以上高いことが示された。毎月の支出額で比較すると、低位群の青年は、高位群の青年より肥満リスクが約3.5倍高いことが判明している。

 一方、小児期は肥満と社会経済因子との関連を認めなかった。可知氏は「家庭の経済状況が肥満に与える影響を、学校給食が抑えているのでは」と考察している。

 実際、欧米で同様の調査を行うと、家庭の経済状況が小児期により大きく影響するのが一般的だ。しかし、本調査では小児肥満に関する収入格差は認められなかった。何かと文句がつけられる学校給食だが、満足に食べられない時代から一貫して、子どもたちの健康を守っているようだ。

 近年の研究では、子ども時代の肥満は成人以降も健康リスクであり続けることが示されている。糖尿病など肥満性疾患だけではない。つい先日も、10代の肥満はダイエットをしたとしても、将来の大腸がんリスクを2倍に上昇させるという報告があったばかりだ。

 子ども時代から健康リスクを負わせるのは親の本意ではないだろう。まして給食が「飽食日本」で最後の砦となっているとは、少々情けない。子どもの肥満を予防するのは、各家庭の食と健康に関する方針なのだから。

(取材・構成/医学ライター・井手ゆきえ)

関連記事
このページの上へ

井手ゆきえ [医学ライター]

医学ライター。NPO法人日本医学ジャーナリスト協会正会員。証券、IT関連の業界紙編集記者を経て、なぜか医学、生命科学分野に魅せられ、ここを安住の地と定める。ナラティブ(物語)とサイエンスの融合をこころざし、2006年よりフリーランス。一般向けにネット媒体、週刊/月刊誌、そのほか医療者向け媒体にて執筆中。生命体の秩序だった静謐さにくらべ人間は埒もないと嘆息しつつ、ひまさえあれば、医学雑誌と時代小説に読み耽っている。

 

週刊ダイヤモンド編集部


専門医の監修を得て、あなたの症状に潜む病気の可能性を検証。カラダのアラームをキャッチせよ。


カラダご医見番

ハードワークのストレスに加え、飲酒や脂っこい食事。ビジネスマンの生活習慣は健康面からは実にハイリスクです。痛い・苦しい・痩せた・太った・イライラする…。そんな症状はどのような病気の兆候なのか?どんな治療が有効なのか?いきいきと働き続けるために、身体と病気に関する正確な知識が欠かせません。

「カラダご医見番」

⇒バックナンバー一覧