ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
問題解決のためのコンサルタント脳のつくり方
【第8回】 2008年2月4日
著者・コラム紹介バックナンバー
塩野 誠 [コンサルタント]

入念な事前調査と仮説を怠るのはプロ失格
問題解決力を磨く PART(2)

 問題解決においては、「仮説を持て」ということを当たり前のように言われます。そして「ゼロベースで考えよ」ということもよく聞く言葉です。たとえば、あなたが新たな投資先を発掘するベンチャー・キャピタリストだとします。何の調査もせずに、いきなりベンチャー企業を訪問するでしょうか?

 よくある勘違いですが、新しい業界や会社にコンタクトをする際に「ゼロベース思考」や「素人の新鮮さが大事」と、事前調査を怠るのはプロフェッショナルではありません。

 日本のベンチャーキャピタル業界の第一人者である日本テクノロジーベンチャーパートナーズの村口和孝社長は、その昔、見知らぬ土地で企業訪問をする際に、企業の下調べをして、それから現地の役所に行って現在の街の情報を入手し、次に神社を訪れて昔の街の情報を仕入れてから経営者に会ったそうです。市役所や町役場は現在の街の中心であり、神社は昔の街の中心だからだそうですが、これだけ調べて訪問すれば、初めて会う経営者ともすぐに打ち解けて、深い話をすることができたそうです。

 これは一例ですが、労力を厭わずに調査し、仮説を考え抜くことで、価値は生まれるのです。

【INSTALL:ここを脳にインストール!】

■企業訪問をする際には必ず事前調査を行った上で仮説を持って臨む

スペシャル・インフォメーションPR

    スペシャル・インフォメーションPR

ダイヤモンド・オンライン 関連記事
小さな習慣

小さな習慣

スティーヴン・ガイズ 著/田口未和 訳

定価(税込):本体1,400円+税   発行年月:2017年4月

<内容紹介>
小さな習慣とは、毎日これだけはやると決めて必ず実行する、本当にちょっとしたポジティブな行動。この方法を使えば、すべてのことは、習慣化し、目標を達成でき、夢を叶え、人生を変えることができる。何しろ「小さ過ぎて失敗しようがない」のですから。

本を購入する
ダイヤモンド社の電子書籍

(POSデータ調べ、5/14~5/20)



塩野 誠 [コンサルタント]

1975年生まれ。シティバンク銀行、ゴールドマン・サックス証券、べイン&カンパニー等で事業戦略の立案や実行、M&A・投資業務等を担当。現在は非営利団体である企業価値戦略研究会に所属。その活動とともにコンサルタントとして国内外の企業に対し幅広い提言と講演を行っている。


問題解決のためのコンサルタント脳のつくり方

コンサルタントの思考スキルを学べば、仕事の質が変わる。外資系コンサルを経たプロが贈る最強の仕事バイブル。ビジネスマン必読。

「問題解決のためのコンサルタント脳のつくり方」

⇒バックナンバー一覧