ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
エグゼクティブを見せられる体にするトレーナーは密室で何を教えているのか
【第6回】 2015年7月17日
著者・コラム紹介バックナンバー
角谷リョウ

もう海もプールも怖くない!
超簡単テクでお腹を6つに割る究極の「裏ワザ」

1
nextpage

いよいよ夏本番! 夏といえば海にプールにと何かとぽっこりお腹が気になるシチュエーションが続きます。シックスパックなんて夢のまた夢……と思っているそんなあなたに、今回は『エグゼクティブを見せられる体にするトレーナーは密室で何を教えているのか』の著者・角谷リョウ氏に、憧れのシックスパックを手に入れるコツをお伺いしました。

夢にまで見たシックスパックは
案外簡単に手に入る!?

 「6つに割れた腹筋」は男性にとってはいつの時代も憧れです。

 トレーニングする前はぽっこり出ていたお腹がトレーニングを重ねるごとに平らになっていく。そしてある時点で縦に線がうっすら入り、次に横に筋が……そして夢にまで見たプールサイドで堂々と見せられる6つに割れた腹筋、通称「シックスパック」になります。

 たしかに今のあなたのお腹からは、外国に行くぐらい遠い感じがすると思いますが、実は割れたお腹を作ることはそんなに難しいことではありません。

 もともとの腹筋の構造上、ロッキーみたいなトレーニングをしなくても割れた形を作ることは可能なのです。

 大抵の男性の場合、体脂肪が15%を下回ると腹が割れてきます。

 10%を切ると、腹筋をまったく鍛えていなくても割れます。ですが、アスリートでもない限り、10%を切る食生活はストイックすぎますし、免疫力も下がって風邪も引きやすくなるのでいささか問題があります。

 ですからもしあなたが、割れた腹筋を手に入れたいのならば、まずは15%を切るくらいの体脂肪をめざしてください。

 しかし、ここではその前になんとかしたい! という場合の裏ワザをご紹介します。

 その裏ワザとは、腹筋の段差をはっきりさせることです。

 やり方は、日常生活の中で、常に前かがみになって腹筋を「つぶす」状態にしておくだけ。すると、段差がよりはっきりして、体脂肪が15%以下にならなくても、少し前かがみになれば6つに割れるようになってきます。

 ただし、あくまでも裏ワザですので、猫背がクセにならないように注意しましょうね。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
自分の時間を取り戻そう

自分の時間を取り戻そう

ちきりん 著

定価(税込):本体1,500円+税   発行年月:2016年11月

<内容紹介>
生産性は、論理的思考と同じように、単なるスキルに止まらず価値観や判断軸ともなる重要なもの。しかし日本のホワイトカラー業務では無視され続け、それが意味のない長時間労働と日本経済低迷の一因となっています。そうした状況を打開するため、超人気ブロガーが生産性の重要性と上げ方を多数の事例とともに解説します。

本を購入する
ダイヤモンド社の電子書籍
(POSデータ調べ、11/20~11/26)


注目のトピックスPR



エグゼクティブを見せられる体にするトレーナーは密室で何を教えているのか

割れた腹筋、スーツの似合う胸板、くびれたウエスト……憧れの「見せられる体」はどうやって作られるのか。経営者、医師、弁護士らエグゼクティブ専門のトレーナーとして、彼らを「リバウンドなしで10年後も見せられる体」にしている著者が、密室行っているトレーニングを初公開!

「エグゼクティブを見せられる体にするトレーナーは密室で何を教えているのか」

⇒バックナンバー一覧