ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
対談 中国民主化研究
【第1回】 2015年8月1日
著者・コラム紹介バックナンバー
加藤嘉一

戦後70年、米国から考える日中関係
そのとき、日本のリーダーは何をすべきか
ウィルソンセンターフェロー・リチャード・マグレガー×ジョンズ・ホプキンス大学高等国際問題研究大学院客員研究員・加藤嘉一

1
nextpage

2015年は、終戦から70年を迎える重要な年である。いわゆる「70年談話」で安倍晋三首相が先の戦争をいかに総括するのかは、日本国内のみならず、中国や米国などの関係諸国でも大きな注目を浴びている。中国問題の専門家は、こうした動きをいかにとらえているのか。ウィルソンセンターフェローのリチャード・マグレガー氏と、ジョンズ・ホプキンス大学高等国際問題研究大学院客員研究員の加藤嘉一氏が語る。
 

日中関係の健全化は
二国間だけの問題ではない

加藤 マグレガーさんといえば、著書『中国共産党』(草思社)にも代表されるように、中国共産党に関する報道や研究が真っ先に思い浮かびます。現在はワシントンで日中関係について集中的に研究をされていますが、中国共産党の次にとりかかった研究テーマがなぜ日中関係だったのでしょうか。

リチャード・マクレガー(Richard McGregor)
ジャーナリスト、作家。オーストラリア、シドニー生まれ。現在は米ワシントンDCにあるシンクタンク・ウィルソンセンターのフェローとして日中関係の研究に勤しんでいる。2000年、フィナンシャル・タイムズ上海支局駐在を皮切りに、中国支局長を勤めるなど約20年間、北東アジアでジャーナリストとして活躍。日本や台湾、香港にも駐在経験を持つ。近著に『中国共産党 支配者たちの秘密の世界』(草思社)がある。

マグレガー 日中関係を研究する理由の一つは、それが興味深いからです。日中は地域内だけではなく、世界的に大きなパワーを秘めており、これからさらに発展する可能性を秘めています。もう一つは、米国が日中の二国間関係において非常に重要な存在であるということです。米国という存在がなければ、日本は世界で孤立するでしょう。米国自身も将来どうなるかはわかりませんが、アジアで超大国としての存在感を示そうとしています。アジアにおける二つの大きな力である日中、そして超大国としての米国が絡みあっているというのが私の認識です。

加藤 マグレガーさんは、昨今の日中関係についてどのような印象を持っていらっしゃいますか。日中関係はアジア太平洋地域だけでなく、世界にとっても重要です。日中が歴史的な和解に向けて不断に努力しなければならないという課題もありますし、特にワシントンでしばしば議論されるように、世界中で多くの人々が“日中和解”を願っているように見えます。

マグレガー おっしゃる通り、日中関係は地域レベル、グローバルレベルにおいて重要な関係です。ただし、これは興味深い現象ですが、これだけ距離が近く、文化的にも歴史的にも深い交流があるにもかかわらず、心理的な距離がこれだけ離れている。この矛盾に富んだ関係を紐解きたいという想いも、私が日中関係に取り組む理由の一つです。日中両国にとって、互いに協調しつつ良い関係を築くのは非常に難しく、極めてユニークな関係だと言えます。

加藤 紆余曲折を経て、複雑な日中関係は現在の状態までたどり着きました。日本の社会、世論、政治家たちは、どのように中国と付き合ったらいいのか、いまだ焦点が定まっておらず、混乱しているように見えます。

マグレガー いま、日本は過渡期にあるように見えます。人口減少は続き、経済の再生に奮闘している最中です。この時期をうまく乗り切れなければ、これから停滞していくかもしれません。安倍首相は経済におけるエネルギーを取り戻し、その活性化に取り組んでいますが、外の世界との関係とはいくぶん孤立しているようにも見えます。もちろん、歴史問題等もあり、中国からのプレッシャーも感じているのでしょう。ただ、いずれにせよ安倍首相が、日本再生のためには経済の活性化が不可欠だと考えているのは確かです。私は、「強い日本を取り戻そう」ともがいているという印象を持っています。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
自分の時間を取り戻そう

自分の時間を取り戻そう

ちきりん 著

定価(税込):本体1,500円+税   発行年月:2016年11月

<内容紹介>
生産性は、論理的思考と同じように、単なるスキルに止まらず価値観や判断軸ともなる重要なもの。しかし日本のホワイトカラー業務では無視され続け、それが意味のない長時間労働と日本経済低迷の一因となっています。そうした状況を打開するため、超人気ブロガーが生産性の重要性と上げ方を多数の事例とともに解説します。

本を購入する
著者セミナー・予定
(POSデータ調べ、11/20~11/26)


注目のトピックスPR


加藤嘉一 

1984年生まれ。静岡県函南町出身。山梨学院大学附属高等学校卒業後、2003年、北京大学へ留学。同大学国際関係学院大学院修士課程修了。北京大学研究員、復旦大学新聞学院講座学者、慶應義塾大学SFC研究所上席所員(訪問)を経て、2012年8月に渡米。ハーバード大学フェロー(2012~2014年)、ジョンズ・ホプキンス大学高等国際問題研究大学院客員研究員(2014〜2015年)を務めたのち、現在は北京を拠点に研究・発信を続ける。米『ニューヨーク・タイムズ』中国語版コラムニスト。日本語での単著に、『中国民主化研究』『われ日本海の橋とならん』(以上、ダイヤモンド社)、『たった独りの外交録』(晶文社)、『脱・中国論』(日経BP社)などがある。

 


対談 中国民主化研究

日本にとっての重要なパートナーであり、時に脅威ともなりうる中国。切っても切れない関係にある巨大な隣国といかに向き合えばよいのか。『中国民主化研究――紅い皇帝・習近平が2021年に描く夢』(ダイヤモンド社)の刊行を記念して、中国研究の第一人者と著者の加藤嘉一氏が語る。

「対談 中国民主化研究」

⇒バックナンバー一覧