ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
Close-Up Enterprise

スカイマーク再建大詰め
債権者集会目前に泥仕合

週刊ダイヤモンド編集部
2015年8月3日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage
Photo by Ryosuke Shimizu

スカイマークの再生計画をめぐり、スポンサー同士の争いが熾烈さを増している。8月5日の債権者集会がヤマ場だが、認可されるには二つのハードルをクリアしなければならず、関係者は必死だ。(「週刊ダイヤモンド」編集部 須賀彩子)

 7月21日、民事再生手続き中のスカイマークの債権者の手元に、ある文書が届いた。差出人は、スカイマークが東京地方裁判所に提出した再生計画案にスポンサーとして名を連ねるANAホールディングスやインテグラルなど3社だ。

 スカイマークの再建をめぐっては、最大債権者の航空機リース会社、米イントレピッドが、ANAをスポンサーとする計画案に反対して対抗案を出している。7月15日には、米デルタ航空をスポンサーとして担ぎ出し、債権者向け説明会を開いたばかりだった。

 文書は、その対抗案を痛烈に批判。デルタがスポンサーに就任することについて、独立性の確保や不確実性があると6点を挙げ連ね、「重大な懸念がある」と強調している。

 この情報を聞き付けてか、翌22日、今度はイントレピッド側が「ANAレターに関する当社からのご説明」と題する文書を送付。「ANAレターが誤解を与える恐れがある」として、6点全てに反論する内容だった。

Photo by Naoyoshi Goto

 7月下旬以降、両陣営はこうした文書の応酬だけでなく、債権者の企業を戸別訪問したり、電話で説得したりするなど猛攻勢をかけている。8月5日に予定されるスカイマークの債権者集会に向けた票集めに躍起になっているのだ。

 そもそも民事再生手続きで、二つの再生計画案が出てくるのは異例中の異例のこと。まさに泥仕合の様相を呈しているが、なぜここまで事がこじれてしまったのか。これまでの経緯を簡単に振り返ってみよう。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

週刊ダイヤモンド編集部


Close-Up Enterprise

日々刻々、変化を続ける企業の経営環境。変化の中で各企業が模索する経営戦略とは何か?『週刊ダイヤモンド』編集部が徹底取材します。

「Close-Up Enterprise」

⇒バックナンバー一覧