ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
吉野家ホールディングス会長・安部修仁の僕ならこう考える

「さとり世代」に迎合する上司はもっての外

安部修仁 [吉野家ホールディングス会長]
【第2回】 2015年8月4日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage
世代間の違いは確かにある。しかし、社会人教育の場面で、それを過度に意識することは弊害を生んでしまう。「顧客に満足してもらい、事業価値を高めてステークホルダーを豊かにする」という企業の大前提を忘れるべきではない
Photo by Kazutoshi Sumitomo

「さとり世代」とのコミュニケーションに苦労するミドルは少なくないが、彼らをことさら”特別視”する風潮は逆効果ではないか。「世代間の遠慮は無用」と話す安部会長の持つ教育理念とは?(構成/フリージャーナリスト・室谷明津子)

 

「持てる世代」に生まれた
現代の若者たち

 「いまどきの若い奴は」という批判は、いつの時代にもなくならないものでね。私たち団塊の世代は「ビートルズ世代」とも呼ばれて、当時の大人たちから「あの長髪は何だ」と眉をひそめられたものです。その後には、無気力・無関心・無責任の「三無主義」に「新人類」という言葉まで使われて、いまは「さとり世代」ですか。

 新しい社会風俗や嗜好に対して、年長者は違和感を抱くものなのです。古今東西、若者の価値観は大人には理解しがたい。大正時代の若者は明治男から「いまどきの若い者は」と言われていたはずです。しかし自分が年を取ると、若者だったときのことを忘れてつい同じことを言いたくなるのですから、延々と同じ批判が繰り返されるのは世の常です(笑)。

 私から見ると現代の若者は、「持てる世代」です。日本が高度成長を終え、家電も自動車も各家庭にいきわたった後に彼らは生まれました。一方、私たちは高度成長期の真っただ中に育ち、モノへの強烈な憧れがあった。車や、いいブランドを持ってステータスを得たい。仕事を頑張ればそれが手に入るという、ある意味単純な夢に向かってみんなが突き進み、飢餓感と抑圧が発するエネルギーが社会に満ちあふれていました。

 いまの若者は最初からモノがあり、「持ちたい」という憧れや動機がないわけですから、上の世代から見て淡泊な「さとり世代」といわれるのは当然でしょう。

 もう1つ、いまの若者が育った時代の特徴として「頑張っても報われなかった」という空しさが、当時の大人たちに蔓延していたのではないでしょうか。人格形成には、社会的背景はもちろん、家庭環境が大きく影響します。その意味で、失われた10年、20年というのは企業のリストラが家庭に影を落とした時代でした。

 昔から親は子どもに「頑張りなさい」と言いますが、この時代に、親自身が努力に対して正当な結果を得られず、素直に「頑張れば、いい明日が来る」と思えずにいた。むしろ家庭内で愚痴をこぼしていたのではないでしょうか。子どもは家庭の空気を吸収し、血肉とします。そして学校に行くと似た境遇の子どもたちがいて、集団レベルで雰囲気が醸成されていく。それが「世代」をつくるのです。

 モノへの執着がない一方、いまの若者は社会貢献への関心が高く、精神的な充足を求める傾向があると言います。これはむしろ、物質を追い求める社会から一歩ステージが上がったということでしょう。世代の特徴というのは良し悪しではなく、社会と家庭が生んだ結果として、色眼鏡をつけずに理解するべきです。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

安部修仁 [吉野家ホールディングス会長]

あべ・しゅうじ/1949年福岡県生まれ。福岡県立香椎工業高校卒業後、プロのミュージシャンを目指し上京。アルバイトとして吉野家で働く。72年、正社員として吉野家に入社。83年、取締役開発本部長に就任し、管財人の増岡氏とともに会社再建を目指す。92年、吉野家ディー・アンド・シー社長就任。2000年、東証一部に上場。07年、純粋持ち株会社制に移行し、吉野家HD社長に就任。12年、吉野家HD代表取締役会長に就任。2014年5月、吉野家HDの代表取締役を退任。8月、事業会社「吉野家」社長を退任。現在は吉野家HD会長


吉野家ホールディングス会長・安部修仁の僕ならこう考える

アルバイトからトップに上り詰めた「ミスター牛丼」こと吉野家HD安部会長のコラムがスタート。倒産やBSE問題など、数々の逆境を乗り越えて来たカリスマ経営者が、ビジネスや世相についての持論を語ります

「吉野家ホールディングス会長・安部修仁の僕ならこう考える」

⇒バックナンバー一覧