ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
シンプルに考える
【第28回】 2015年8月19日
著者・コラム紹介バックナンバー
森川亮

LINE(株)CEOを退任した森川亮氏が明かす!
「ビジョン」を求めることこそが、危険である!

1
nextpage

「あれも大事、これも大事」と悩むのではなく、「何が本質なのか?」を考え抜く。そして、本当に大切な1%に100%集中する。シンプルに考えなければ、何も成し遂げることはできない――。LINE(株)CEO退任後、ゼロから新事業「C CHANNEL」を立ち上げた森川亮氏は、何を考え、何をしてきたのか?本連載では、待望の初著作『シンプルに考える』(ダイヤモンド社)から、森川氏の仕事術のエッセンスをご紹介します。

「ビジョンを示す」=「未来を示す」ことは、会社の責務か?

 

 「この会社のビジョンは何ですか?」
「中期、長期の戦略はどうですか?」

 これまで何度も、社員はもちろんメディアからもこんな質問を受けました。
 その度に、僕はこう応えてきました。

 「いや、わかりやすいビジョンは特にありません」

 すると、一部の社員は不安そうな顔をして、メディアの皆さんは残念そうな顔をされる。ちょっと申し訳ないと思うくらい。だけど、ないものは仕方がない。むしろ、「なぜ、ビジョンが必要なんですか?」と尋ねてみたいと思ったものです。

 近年、「ビジョン経営」の重要性が指摘されます。
「ビジョン」とは何か? 経営理念に基づいて、企業の目指す姿を中長期計画のような「目に見える形」で示すこと。つまり、「未来を示す」ということです。それが、まるで経営の責務であるかのように語られています。

 しかし、果たしてそうでしょうか?
 誰にも「未来」のことはわかりません。だから、わからないものを明文化するのは難しいと思うのです。とりわけ、現代は変化の激しい時代。「わからないこと」をさもわかったように語ることのほうが、よほど無責任ではないでしょうか?

 僕自身、これまでの仕事を振り返って、やはり「未来はわからない」と言わざるを得ません。ハンゲーム・ジャパン株式会社に入ったころ、僕たちはパソコン向けのオンライン・ゲームでナンバーワンになることを目標にがんばっていました。しかし、その後、フィーチャーフォンが登場し、次いでスマートフォンが登場。そんな未来を予想し得たか? もちろん、できませんでした。ましてや、LINEが世界数億人に利用されるサービスになるなど、予想してできることではありません。
 これが、ビジネスの現実ではないでしょうか?

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
まいにち小鍋

まいにち小鍋

小田真規子 著

定価(税込):本体1,100円+税   発行年月:2016年11月

<内容紹介>
簡単で安くて、ヘルシー。ポッカポカの湯気で、すぐにホッコリ幸せ。おひとりさまから共働きのご夫婦までとっても便利な、毎日食べても全然飽きない1〜2人前の小鍋レシピ集!「定番鍋」にひと手間かけた「激うま鍋」。元気回復やダイエットに効く「薬膳鍋」や、晩酌を楽しみたい方に嬉しい「おつまみ鍋」など盛り沢山!

本を購入する
ダイヤモンド社の電子書籍
(POSデータ調べ、11/20~11/26)


注目のトピックスPR


森川亮 

1967年神奈川県生まれ。1989年筑波大学卒業後、日本テレビ放送網に入社。幼少時から一貫して音楽を続けてきたこともあり、音楽番組の制作を希望するもコンピュータシステム部門に配属。本格的にコンピュータを学ぶ。インターネットの登場に刺激を受け、ネット・ビジネスに傾倒。ネット広告や映像配信、モバイル、国際放送など多数の新規事業立ち上げに携わる。仕事のかたわら青山学院大学大学院にてMBAを取得。2000年にソニー入社。ブロードバンド事業を展開するジョイントベンチャーを成功に導く。2003年にハンゲーム・ジャパン株式会社(後にNHN Japan株式会社、現LINE株式会社)入社。4年後には日本のオンライン・ゲーム市場でナンバーワンとなる。2007年に同社の代表取締役社長に就任。2015年3月にLINE株式会社代表取締役社長を退任、顧問に就任。同年4月、動画メディアを運営するC Channel株式会社を設立、代表取締役社長に就任した。


シンプルに考える

「あれも大事、これも大事」と悩むのではなく、「何が本質なのか?」を考え抜く。そして、本当に大切な1%に100%集中する。シンプルに考えなければ、何も成し遂げることはできない――。LINE㈱CEO退任後、注目の経営者がはじめて明かす「仕事の流儀」!

「シンプルに考える」

⇒バックナンバー一覧