創続総合研究所

親と子では、「見ている時間」が違うのです
~相続における「親の心子知らず」を防ぐ秘訣はどこに?

二次相続はトラブりやすい

八木 お母さんは、遺言書を残したりはしていなかったのですか?

八木美代子
ビスカス代表取締役

斎藤 書いていませんでした。二人が揃った ところで、相続についての話もしていなかった、というより、どうやら息子にも娘にも「悪いようにはしないから」と「いい顔」をしていたようなのです。親と しても、人生の最後に子どもに恨まれるのは嫌ですからね。高齢になって、そういうふうに子どもに接する人は、少なくないと思いますよ。
 いずれにしても、被相続人=お母さんの意志が、相続人全員=息子、娘に明確に伝えられていなかったことも、トラブルの大きな要因になってしまいました。

八木 「嫌われたくない」という思いが、裏目に出てしまったのですね。

斎藤 事ほど左様に、相続人、特に子ども同士の感情のもつれというものは、被相続人が亡くなってから起こる場合がほとんどなんですよ。そして、いったんこじれてしまうと、収拾がつかなくなって、調停や裁判にまで発展することが少なくないのです。
  付け加えておくと、トラブルは、両親のうち残っていたほうが亡くなって発生する二次相続で、より多く起こります。一次相続では、配偶者が多く相続するケー スがほとんどですけど、二次相続では、おっしゃったように子どもの取り分が最終的に決まるわけですからね。それに、両親とも亡くなって、ついに子どもに対 する「お目付け役」がいなくなる、という事情も影響しているように感じます。具体的に、やるべきことは?

八木 今のお話をうかがっても、子ども同士をもつれさせないためには、親が存命中に、相続についてきちんと話をしておくことが、とても大事だということですね。

斎藤  その前提として、親が、自らのこれからの生活をどうしていくのか、プランニングすることが必要になります。自分のためにかかるお金はいくらで、子どもたち にはどれくらいの財産を残せるのか? そもそも、自分の財産や債務を正確に把握できていない方も、少なくないのが現実なんですよ。そこがクリアになって、 初めて相続税がかかるのかどうか、といった話に進むことができるわけです。

八木 そうしたシミュレーションも含めて、相続の事前準備から、プロの税理士のアドバイスを受けるのも、いいかもしれませんね。

斎藤  で、方向性が固まったところで、相続人全員にその内容を話す。やはり、ここが重要なポイントです。このケースだったら、例えば「自宅は兄に相続させる。現 金は、二人でこう分けなさい」と、しっかり伝えるべきでした。後で「聞いた」「聞いてない」の話にならないように、きちんと遺言書を残すことも大事です。

創続総合研究所 特集TOPに戻る

SPECIAL TOPICS

 


八木美代子 [株式会社ビスカス代表取締役]

早稲田大学卒業後、リクルート入社。1995年に株式会社ビスカスを設立。税理士を無料でご紹介するビジネスモデルを日本で初めて立ち上げ、現在まで10万件以上のマッチングを実現。相続に強い税理士のみを集めたサイト「相続財産センター」を運営し、相続コーディネーターとしても業界ナンバーワンの実績を誇る。著書に『相続の現場55例』(ダイヤモンド社)、『相続、いくらかかる?』(日経BP社)、『相続は『感情のもつれ』を解決すればお金の問題もうまくいく』(サンマーク出版)などがある。
株式会社ビスカス

 


相続の現場~争いから学ぶハッピー相続術

相続の別名は、「争続」。仲の良かった兄弟姉妹が親の遺産を前に骨肉の争いを演じるというのは小説やテレビドラマの中だけの出来事ではないようです。諍いの中心はもちろん「お金」。ですが兄弟姉妹には、他人がうかがい知ることのできない「本音」「思い」があるようで……奥底にある「心の綾」を解きほぐすと争いから一転、分かりあえるのが家族。そうした「ハッピー相続」の例を解説します。

「相続の現場~争いから学ぶハッピー相続術」

⇒バックナンバー一覧