ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
チャンスを逃さない! 今どき「住活」事情 By SUUMO(スーモ)

エコポイントがなくても人気は絶大?
想像以上に盛り上がる「エコ住宅」ブーム

SUUMO(スーモ)編集部
【第10回】 2010年3月19日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 3月8日より申請が開始された「住宅版エコポイント」をはじめ、政府によってエコ住宅の購入推進対策が進められている。実際家の購入を検討している人たちは、エコ住宅にどれくらい注目しているものなのか?

 SUUMO編集部が関東・関西に住む、住宅の新築・建て替え(注文住宅)を検討している30~49歳を対象に行なったアンケートによると、想像以上にエコ住宅への関心が高いことがわかった。

 まず、「今後、住宅を購入・建築する際に、エコ設備導入を検討するか?」との問いに対しては、「検討する」と答えた人は73.4%にも上っている。

 「コストなどのネックが解消されたら検討する」と答えた人も含めると、
エコ設備導入を検討している人は、なんと99%に上るという関心の高さだ。

6割以上の人が導入を検討
今、最もアツいのは太陽光発電!?

 では、具体的にどんな設備を検討しているのだろうか?

 「導入したいエコ設備」(下記グラフ Q1)を見てもらいたい。堂々の第1位にランクインしたのは、太陽光発電システム。全体の63.3%の人が「導入したい」と考えており、第2位の複層ガラス(52.7%)、第3位のオール電化(50.7%)を圧倒する結果となった。

 また、「気になるエコキーワード」の問いでも、エコキュート(自然冷媒ヒートポンプ給湯機)(57%)や、オール電化(58.9%)を抑えて、「太陽光発電システム/太陽光パネル」が第1位となり、70%もの人が「気になる」と答えている。

 さらに、「太陽光発電の導入意向」(下記グラフ Q2)の結果を見ると、75.3%の人が「導入を考えている」と回答。太陽光発電導入への意識の高さが浮き彫りとなった。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

SUUMO(スーモ)編集部

SUUMO(スーモ)とは、「借りたい」「買いたい」「建てたい」「リフォームしたい」「売りたい」という、住まいの幅広いニーズに応えたコンテンツ・サービスを提供する(株)リクルートの住宅・不動産情報総合サイト。物件情報のみならず、エリア情報、住まい探しのダンドリ、マーケット情報まで、口コミ情報やお役立ちノウハウが満載。西村里香編集長以下、「住活のプロ」を自負する編集部員たちが、読者の住まい探しを徹底サポートする。
⇒『SUUMO』のHPはこちら


チャンスを逃さない! 今どき「住活」事情 By SUUMO(スーモ)

(株)リクルートの住宅・不動産総合サイト「SUUMO」(スーモ)編集部が、復活の兆しを見せている住宅市場で本格的に「住活」を始めた読者に、プロの目から見た「買い時」と「賢い買い方」を教える。

「チャンスを逃さない! 今どき「住活」事情 By SUUMO(スーモ)」

⇒バックナンバー一覧