ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
Close-Up Enterprise

スカイマーク支援でANAが払った高い“代償”の理由

週刊ダイヤモンド編集部
2015年8月17日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage
8月5日の債権者集会では、ANAホールディングスをスポンサーとするスカイマーク案が可決された Photo by Ayako Suga

スカイマークの債権者集会は、ANAホールディングス陣営の逆転勝利で幕を閉じた。ANAは安くない“代償”を払ったようだが、なぜそこまでしてスポンサーになったのか。(「週刊ダイヤモンド」編集部 須賀彩子)

 うだるような暑さに見舞われた8月5日。民事再生手続き中のスカイマークの債権者集会が、午後1時半すぎから東京地方裁判所で行われた。

 この日を迎えるまで、ANAホールディングスをスポンサーとするスカイマークの再生計画案に対し、大口債権者である米イントレピッドが米デルタ航空をスポンサーに担ぎ出して対抗案を提出するなど、極めて異例の展開となっていただけに、債権者集会の行方は業界のみならず世間の関心を集めていた。

 債権者集会で認められるには、債権額と債権者の頭数、双方で過半数が必要。債権額で約38%を握っていたことに加え、取引先の多いデルタを味方に巻き込んだことで、「イントレピッド有利」との見方がもっぱらだった。

 ところがである。ふたを開けてみればANA-スカイマーク陣営の圧勝。債権者174人中135.5人、債権額でも60.25%の賛成を取り付けたのだ。

 ぎりぎりまで態度を明らかにせず、勝敗の鍵を握っていた大口債権者の欧州エアバス、英ロールス・ロイス、米リース会社CIT3社の取り込みに成功し、大逆転を果たした。

 投票後、票の読み上げが終わるまでの時間はわずか15分。その間、スカイマークの取締役を17年間務めた井手隆司会長は、「これまでの出来事が走馬灯のように浮かんだ」と言う。

1
nextpage

今週の週刊ダイヤモンド

2017年2月25日号 定価710円(税込)

特集 弁護士・裁判官・検察官 司法エリートの没落

知られざる法曹界の真実

【特集2】
サントリーと創業家
グローバル化への試練

【下記のサイトからご購入いただけます】

(ストアによって販売開始のタイミングが異なるため、お取扱いがない場合がございます)

【下記のサイトからご購入いただけます】

(ストアによって販売開始のタイミングが異なるため、お取扱いがない場合がございます)

【下記のサイトからご購読いただけます】

(ストアによって販売開始のタイミングが異なるため、お取扱いがない場合がございます)

スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

週刊ダイヤモンド編集部


Close-Up Enterprise

日々刻々、変化を続ける企業の経営環境。変化の中で各企業が模索する経営戦略とは何か?『週刊ダイヤモンド』編集部が徹底取材します。

「Close-Up Enterprise」

⇒バックナンバー一覧