ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
あなたを悩ます「めんどい人々」解析ファイル

子どもの泣き声にイラつく人こそ、マナー違反ではないか?

宮崎智之 [フリーライター]
【第8回】 2015年8月20日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

子どもの泣き声は騒音か?

 世の中は、イライラすることで溢れている。しかし、最近になってその社会的な“沸点”があまりにも低くなっているように思えてならない。

赤ちゃんの泣き声は騒音?

 子どもの声が騒音であると感じる人も多いようだ。Jタウン研究所の調査によると、子どもの声を騒音だと思う人は、58.8%にも及んでいる。東京に限って言えば、66%。秋田県では、85.7%もの人が、子どもの声をうるさい騒音だと感じているというから驚きである。

 特に、電車や新幹線の中で泣く子どもに対して、世間から冷たい目が向けられている。ベビーカーを引いて移動する母親(父親も)にさえも、クレームを言う人が多いのだという。こうした問題はインターネット上やワイドショーなどでも度々取り上げられ、大きな議論を呼んできた。なぜ、こんなにも日本は不寛容な社会になってしまったのだろうか。

 筆者は、子どもの泣き声やベビーカーを引く母親のことを迷惑だとは、まったく思ったことがない。だって、仕方がないではないか。子どもは泣くし、お母さんだって移動はする。子どもを持つ人は、家にずっと閉じこもっていろとでも言うのか。筆者は子どもが泣いても「可愛い」としか思わないので、イライラする人の気持ちが理解できない。

 むしろ、筆者は電車で泣いている子どもを目撃した時に、「もしかして、周りの人がイライラして文句を言うんじゃないか」という不安で居心地が悪くなってしまう。そういう心配をしなければいけないことに対して、イライラしてしまうのだ。子どもの泣き声ごときで不寛容な態度を取ることこそ、公共の場に相応しくないように思えるのだが……。

 筆者からしてみれば、周りのイライラを心配することのほうが、よっぽど面倒くさい。その場が嫌な雰囲気に包まれないだろうか。トラブルに発展しないだろうか。そうヤキモキして、「イライラする人に、イライラする」という状態に陥ってしまうのである。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

宮崎智之 [フリーライター]

フリーライター。1982年3月生まれ。地域紙記者を経て、編集プロダクション「プレスラボ」に勤務後、独立。男女問題や社会問題、インターネット、カルチャーなどについて執筆。
ツイッターは@miyazakid
 

 


あなたを悩ます「めんどい人々」解析ファイル

「なぜ、彼と話しているとイライラするのか」「彼女と関わると、なぜかトラブルに巻き込まれるのよね」――。あなたの周囲にも、きっとそんなタイプの人がいるだろう。そう、彼らは「めんどい人々」なのである。なぜ彼らは「めんどい」のか。世代間ギャップや価値観の違いなどその背景には色々な理由があるだろうが、はっきり理由がわからず、悩みは深まるばかりだ。この連載では、職場の上司、部下、同僚、そしてプライベートの友人、恋人まで、あなたを面倒事に巻き込む人々のパターンとうまく付き合って行くための心得を、できるだけわかり易く分析して行こう。「めんどい人々」とうまく付き合うための参考にしてほしい。

「あなたを悩ます「めんどい人々」解析ファイル」

⇒バックナンバー一覧