ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
inside Enterprise

地銀の規制緩和“本命”は不動産賃貸業

週刊ダイヤモンド編集部
2015年8月25日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage
不動産賃貸業の規制緩和で、地方銀行は地方創生の後押しができるようになるか Photo by Itoshin/PIXTA

 「フィンテック」と呼ばれる、金融(ファイナンス)と技術(テクノロジー)を融合させた造語が、日本の銀行界でもにわかに注目を集め始めた。

 アップルやグーグル、アマゾンといった米国の巨人たちが、ITを駆使して決済や融資といった銀行業務への“侵略”をしていることに対する危機感が背景にある。メガバンクの頭取自らが海外のフィンテック企業へ接触を試みるまでに本気度は高まっている。

 それに突き動かされるかたちで、金融庁の金融審議会(首相の諮問機関)で銀行の規制緩和議論が進んでいる。金融持ち株会社が傘下にフィンテック企業を持ちやすくしようというのが、大きな流れだ。

 そして、3メガバンクや地方銀行の代表が規制緩和の要望を取りまとめて金融審議会の場で発表。それぞれフィンテックを活用するための要望を盛り込んできた。

 しかし、地銀界では一部の先進的な地銀を除いて、フィンテックなど眼中にないというのが実態だ。メガバンクすらこれから取り組むテーマであり、日進月歩でイノベーションが進むITの世界と、地方に身を置く超保守的な地銀界の相性は最悪といっていいからだ。

 実は地銀にとって規制緩和の“本命”は別にある。それは不動産事業で、中でも不動産の仲介業だ。「地方では大手の不動産会社がなく、不動産情報が地銀に集まる」(地銀関係者)。それを生かせば大きなビジネスになるからだ。

1
nextpage

今週の週刊ダイヤモンド

2017年1月21日号 定価710円(税込)

特集 天才・奇才のつくり方 お受験・英才教育の真実

お受験・英才教育の真実

【特集2】
村田 vs TDK
真逆のスマホ戦略の成否

【下記のサイトからご購入いただけます】

(ストアによって販売開始のタイミングが異なるため、お取扱いがない場合がございます)

【下記のサイトからご購入いただけます】

(ストアによって販売開始のタイミングが異なるため、お取扱いがない場合がございます)

【下記のサイトからご購読いただけます】

(ストアによって販売開始のタイミングが異なるため、お取扱いがない場合がございます)

スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

週刊ダイヤモンド編集部


inside Enterprise

日々刻々、変化を続ける企業の経営環境。変化の中で各企業が模索する経営戦略とは何か?『週刊ダイヤモンド』編集部が徹底取材します。

「inside Enterprise」

⇒バックナンバー一覧