ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
短答直入

J.フロント リテイリング社長 山本良一 
百貨店と周辺店舗の活性化で地域と共に成長していく

週刊ダイヤモンド編集部
2015年9月4日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

傘下の大丸が旗艦店の建て替えを決めたJ.フロント リテイリング。山本良一社長に狙いと成長戦略について聞いた。

Photo by Kazutoshi Sumitomo

──大丸心斎橋店の本館建て替えを7月に発表しました。

 数年前から大阪・心斎橋や東京・銀座、上野といった、われわれが店舗を構えるエリアを盛り上げる戦略を立ててきました。心斎橋地区はキタとミナミに挟まれ、エリア間の競争も激しい。心斎橋に新たなにぎわいを創出し、競争力強化のための建て替えです。

 心斎橋は高級ブランド店から飲み屋までそろう楽しさが特徴の街で、巨大な駐車場もあり、空港からバスで訪れる訪日観光客も多い。心斎橋独特の楽しさを生かし、エリアの中核店舗を目指します。

──エリアの競争力強化とは、どのような取り組みでしょうか。

 例えば、百貨店周辺の空き店舗をわれわれが借り、ファッションや雑貨などのブランドを誘致して商店街としての街並みを整えていきます。心斎橋エリアではこのような店が既に22店舗あります。

 また、店舗というハードだけでなく、周辺商店の免税手続きの代行というソフト面での取り組みも9月下旬から始める計画です。

 心斎橋はわれわれのエリアです。百貨店だけでなく、エリア全体を活性化させることで、地域と共に成長していく戦略です。

──どのように改装するのですか。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

週刊ダイヤモンド編集部


短答直入

円高や原燃料高など、企業の経営環境が厳しさを増すなか、日本を代表する企業のトップはどんな成長戦略を講じているのか。話題の企業の内実に鋭く切り込むインタビュー。

「短答直入」

⇒バックナンバー一覧