ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
森信茂樹の目覚めよ!納税者

マイナンバー活用の切り札
「記入済み申告制度」の実現度

森信茂樹 [中央大学法科大学院教授 東京財団上席研究員]
【第97回】 2015年9月4日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

マイナンバーの活用に必要な
「記入済み申告制度」の導入

現行では、カードリーダーが必要なe-Tax。17年1月をめどに新たな認証方式の導入を行う予定だ

 マイナンバー制度の施行を前に、企業のマイナンバー対応実務に関するセミナーが多く開催されている。まずは、マイナンバーの管理を法令に従って実施することが最大の関心事である。

 筆者は、実務の対応の先にある「マイナンバー制度をどう活用していくか」という点に、より大きな関心がある。これまで、マイナンバー制度を国民利便の観点から活用すべきだ、莫大なコストと手間をかけて導入する以上、それを上回る国民の利便性の向上や行政コストの軽減を目標にすべきだ、ということを主張してきた。

 その代表例の1つとして、「記入済み申告制度」の導入がある。これは、税務当局が、雇用主や金融機関などから提出された情報、たとえば源泉徴収票や支払調書などの法定資料の記載内容である、所得金額や源泉徴収額などを予め申告書に記入して納税者に送付し、納税者はその内容を確認、必要に応じ修正して申告が終了するという制度で、納税者サービスの一環として行われている。

 下図は、スウェーデンの税務当局から入手した「記入済み申告書」である。

 これを見ると、税務当局から送付されてきた申告書には、給与、利子所得、配当所得などと並んで、支払った国税や地方税、税額控除額などが記入され、最終的には納税者の税の過不足額(図では還付額)まで計算・記入されていることがわかる。

 このようなサービスの導入は、北欧諸国だけではなく、英国など他の欧州諸国にも広がっている。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

森信茂樹 [中央大学法科大学院教授 東京財団上席研究員]

(もりのぶ しげき)法学博士。東京財団上席研究員、政府税制調査会専門家委員会特別委員。1973年京都大学法学部卒業後、大蔵省入省、主税局総務課長、東京税関長、2004年プリンストン大学で教鞭をとり、財務省財務総合研究所長を最後に退官。その間大阪大学教授、東京大学客員教授。主な著書に、『日本の税制 何が問題か』(岩波書店)『どうなる?どうする!共通番号』(共著、日本経済新聞出版社)『給付つき税額控除』(共著、中央経済社)『抜本的税制改革と消費税』(大蔵財務協会)『日本が生まれ変わる税制改革』(中公新書)など。
 

 


森信茂樹の目覚めよ!納税者

税と社会保障の一体改革は、政治の大テーマとなりつつある。そもそも税・社会保障の形は、国のかたちそのものである。財務省出身で税理論、実務ともに知り抜いた筆者が、独自の視点で、財政、税制、それに関わる政治の動きを、批判的・建設的に評論し、政策提言を行う。

「森信茂樹の目覚めよ!納税者」

⇒バックナンバー一覧