ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
転職で幸せになる人、不幸になる人 丸山貴宏

面接官が不愉快に!転職希望者の「ダメな口ぐせ」

丸山貴宏 [株式会社クライス・アンド・カンパニー代表取締役]
【第22回】 2015年9月7日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

「トヨタ“という”会社で――」
謙遜のつもりが嫌味になる可能性も

面接で思わず口から出てしまう「口ぐせ」が、あなたの合否を左右しかねません

 「ご存じないかもしれませんが――」

 こんな表現を使う候補者の方がいます。面接中に1回口にするくらいなら何も感じませんが、何度も使われると「この人、上から目線?」という印象を与えてしまい、悪気はなくても面接官はよい気がしません。

 この発言を実際にした候補者を思い浮かべると決して尊大なタイプではなく、おそらくは口ぐせになっているのか、ていねいに話をしようとしていたのだと思います。しかし、そもそも必要な言葉ではないし、印象もよくありません。

 似た表現として「トヨタ“という”会社に勤めておりまして――」「キヤノン“という”会社で営業を――」があります。誰でも知っているような会社名なのに、わざわざ前の語の内容説明を表す「という」を付ける意図がよくわかりません。本人は謙遜のつもりかもしれませんが、これもよい印象は与えません。

 いずれの表現もあまり深い意図はなく使っていると思いますが、言葉やコミュニケーションに対する鈍感さが見え隠れするのが気になります。

 コミュニケーションを円滑に行おうとすれば、相手によって選択すべき言葉や表現は変わります。たとえば世界的に有名な自動車メーカーと同じ社名だが、まったく縁もゆかりもない電機メーカーのトヨタ“という”社名の会社があったとします。この場合、「トヨタ“という”会社に勤めておりまして……」との表現になるのは当然で、「一般的に想起するトヨタとは違う会社」との意味がそこには込められています。

 要は聞き手に配慮した表現をしているかが大切で、コミュニケーションに対して鈍感な人という印象を与える言葉づかいは避けるべきです。

優秀な専門家は
専門的な内容をわかりやすく伝える

 人事の人間に対して一般的には使われていない業界用語や専門用語、果ては自社の社内用語を使って話をする転職希望者も見受けられます。

 「XMP216にPAM-CRASHを載せてバッチ処理で構造解析しています」

 これはクレイ社のスーパーコンピューターにPAM-CRASHという構造解析用のソフトを搭載し、オンラインではなくまとめて一括処理する方法で構造解析をしているという話で、エンジニア同士の会話ならこれでなんの問題もありません。しかし、こうした説明を門外漢の人事担当者にするのは聞き手に対する配慮がまったくないということで、かなり問題があります(古いネタで恐縮ですが)。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

丸山貴宏 [株式会社クライス・アンド・カンパニー代表取締役]

1986年滋賀大学経済学部卒業後、リクルート入社。7年間人事担当採用責任者として新卒、中途、留学生、外国人など多岐にわたる採用を担当し同社の急成長を人材採用の側面から支える。退職後現社を設立。リクルートで実践した「企業力を超える採用」の実現のため1000社を超える顧客にそのノウハウを提供、さまざまな分野の支援を実現。また個人へのキャリアコンサルティングは1万名を超え、「個人の本気に火をつける」面談には定評がある。49歳。1963年生まれ、いて座。

 


転職で幸せになる人、不幸になる人 丸山貴宏

35歳以上の転職がもはや当たり前の時代になり、これからはより多くの人が転職を意識することになる。しかしそのときに「転職の作法」を全く知らないがために、失敗し続けてしまっては本末転倒だ。この連載では、失敗した人を具体的な事例として出しながら、何が悪かったのか2万人を見てきた転職コンサルタント丸山貴宏の視点で一刀両断。成功へと導く手助けをします。

「転職で幸せになる人、不幸になる人 丸山貴宏」

⇒バックナンバー一覧