ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
「グレートカンパニー」の条件
【第5回】 2015年9月10日
著者・コラム紹介バックナンバー
リッチ・カールガード,野津智子 [翻訳家]

「仕事ができる」と「勉強ができる」は違う?

1
nextpage

『フォーブス』誌発行人を務め、連続起業家でもあるリッチ・カールガードは「成功し続ける企業」の5つの条件を、ウォール街からシリコンバレーまで全米企業への徹底取材から明らかにした。本連載は『グレートカンパニー――優れた経営者が数字よりも大切にしている5つの条件』からそのエッセンスを紹介する。第5回は、一般的な「知性」とビジネスにおける「知性」の違いがテーマだ。

「知能」はビジネスに必要ない?

 「知性が豊かである」という言葉を使うとき、私たちはたいてい知能のことを述べている。
 知能とは、一般的には──かいつまんで言うと──、知力に関する一般能力のことであり、論理的に考える計画を立てる問題を解決する抽象的に考える即座に理解するといった能力が含まれる。

 もっとはっきり言えば、この言葉は次のように大きく二つの要素に分けて説明することができる。

・新しいことを学んだり初めてぶつかった問題を解決したりする能力──これを流動性知能と呼ぶ。
・学んだ結果を応用する能力──これを結晶性知能と呼ぶ。

 学習と思考と応用という総合的な能力は、一般知能(しばしばgと表記される)として認識されている。一世紀と少し前には、私たちは生まれたときにすでに自分の知能、すなわちgが決められていて、大きく変えることはできない、と多くの人が信じていた

 個人によって異なるgは心理テスト、ふつうはIQテストによって測定される。論理的思考や処理速度や記憶力、空間認識能力といった認知領域を網羅するテストである。
 これらの領域はそれぞれ独立していると思われていることがあるが、多くの研究により、そうではないことが明らかになっている。つまり、ある分野で優れている人は、他の分野でも優れている場合が多いのである。

 しかし、「知性」の測定に関して言えば、最も重要なのはgではない。
 発達心理学者でハーバードの教授でもあるハワード・ガードナーは一九八三年に「多重知性(MI)」という理論的枠組みを導入した。もう一つの理論的枠組みである「心の知性(EI)」は、科学に関するコラムを『ニューヨーク・タイムズ』に書いていた心理学者のダニエル・ゴールマンによって、一九九五年に広められた。

 どちらの理論も、gによって定義されるような唯一無二の知能というものはなく、知能とはさまざまな側面を持ち、幾重にも重なったものである、と述べている。三つのアプローチ(g、MI、EI)のいずれもきちんと筋が通っており素晴らしい点もいろいろあるが、ここできわめて重要なことを言っておこう。突きつめて言えば、こういうことだ。

三つのアプローチはどれも重要ではない

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
まいにち小鍋

まいにち小鍋

小田真規子 著

定価(税込):本体1,100円+税   発行年月:2016年11月

<内容紹介>
簡単で安くて、ヘルシー。ポッカポカの湯気で、すぐにホッコリ幸せ。おひとりさまから共働きのご夫婦までとっても便利な、毎日食べても全然飽きない1〜2人前の小鍋レシピ集!「定番鍋」にひと手間かけた「激うま鍋」。元気回復やダイエットに効く「薬膳鍋」や、晩酌を楽しみたい方に嬉しい「おつまみ鍋」など盛り沢山!

本を購入する
ダイヤモンド社の電子書籍
(POSデータ調べ、11/20~11/26)


注目のトピックスPR


リッチ・カールガード [フォーブス誌発行人]

 

『フォーブス』誌発行人、人気コラムニスト。アントレプレナーとしても数多くの起業を成功させている。ベンチャー投資家。2004年に刊行された『Life2.0』は『ウォールストリート・ジャーナル』紙でビジネス書・ベストセラー・リストに入った。起業家としては『アップサイド』誌や、ガレージ・テクノロジー・パートナーズ社、チャーチル・クラブを共同で創設している。アーンスト&ヤング社のアントレプレナー・オブ・ザ・イヤーを受賞。スタンフォード大卒。シリコンバレー在住。

 

野津智子 [翻訳家]

 

獨協大学外国語学部フランス語学科卒業。主な訳書に『リチャード・バンドラーの3日で人生を変える方法』(ダイヤモンド社)、『仕事は楽しいかね?』(きこ書房)、『チームが機能するとはどういうことか』『シンクロニシティ[増補改訂版]』(ともに英治出版)、『夢は、紙に書くと現実になる! 』(PHP研究所)、『外資系キャリアの出世術』『スタンフォード・インプロバイザー』(ともに東洋経済新報社)などがある。


 


「グレートカンパニー」の条件

『フォーブス』誌発行人であり、連続起業家・人気コラムニストでもある著者が、シリコンバレーからウォール街まで全米企業を徹底取材!フェデックス、SAP、ネストラボ、スペシャライズド……本連載では、現代において生き残る「成功し続ける」企業の強さの秘密が明らかにしていきます。コストやサプライチェーンといった「数字」で表すことのできる要素以外の部分にこそ永続企業の競争優位は存在するのです。

「「グレートカンパニー」の条件」

⇒バックナンバー一覧