ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
知らないと損する!医療費の裏ワザと落とし穴

混合診療問題を蒸し返す「患者申出療養」は誰のための制度か

早川幸子 [フリーライター]
【第101回】 2015年9月10日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 来年4月、「患者申出療養(かんじゃもうしでりょうよう)」という新しい医療制度がスタートする。

 患者申出療養は、難病やがんなどの患者からの希望によって、日本では承認されていない医薬品などを健康保険が適用された治療と併用できるようにする制度で、現在、厚生労働省で具体的なしくみ作りが行われている。

 制度導入のきっかけとなったのは、昨年の春に規制改革会議で提案された「選択療養制度(仮称)」だ。

 「選択療養制度(仮称)」については、患者団体、健康保険組合、日本医師会などが次々と導入反対の声を上げ、本コラムでもその危険性について指摘した。

 だが、「患者申出療養」と看板をすげ替え、昨年6月24日に閣議決定された「規制改革実施計画」に盛り込まれ、今年5月27日に成立した医療制度改革関連法で正式に導入が決定。

 患者申出療養は、当初、規制改革会議が提案した荒唐無稽な「選択療養制度(仮称)」に比べれば、一応の安全性や有効性が担保され、将来的な健康保険適用の可能性も示されることにはなった。

 この患者申出療養について、政府は「困難な病気と闘う患者」を救うためのものと説明しながらも、実際には当の患者たちの声をほとんど聞かずに作られたもので、規制改革会議での提案があった当初から、患者団体は強い懸念の声をあげ続けている。

 なぜ、患者も望まない制度を、国は躍起になって導入したのか。今回は、日本の「混合診療」をめぐる問題の変遷を整理してみたい。

混合診療の原則禁止は
医療の安全を守るための規制

 日本の医療制度では、いわゆる「混合診療」が原則的に禁止されている。

 日々、進歩する医療技術。数え切れないほどの医薬品や医療機器の研究・開発が行われている。だが、開発されても、実際には私たちの目に触れずに消えていくもののほうが多い。それは、医療が人の命に直結するものだからだ。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

早川幸子(はやかわ・ゆきこ) [フリーライター]

1968年、千葉県生まれ。明治大学文学部卒業。編集プロダクション勤務後、99年に独立し、以後フリーランスのライターとして女性週刊誌やマネー誌に、医療、民間保険、社会保障、節約などの記事を寄稿。現在、ダイヤモンドオンライン「知らないと損する! 医療費の裏ワザと落とし穴」、医薬経済社「ウラから見た医療経済」などのウェブサイトに連載中。13年4月から朝日新聞土曜版be on Saturday(青be)の「お金のミカタ」を執筆。「日本の医療を守る市民の会」発起人。


知らないと損する!医療費の裏ワザと落とし穴

国民の健康を支えている公的医療保険(健康保険)。ふだんはそのありがたみを感じることは少ないが、病気やケガをしたとき、健康保険の保障内容を知らないと損することが多い。民間の医療保険に入る前に知っておきたい健康保険の優れた保障内容を紹介する。

「知らないと損する!医療費の裏ワザと落とし穴」

⇒バックナンバー一覧