ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
サラリーマンこそ自分株式会社をつくりなさい
【第5回】 2015年9月30日
著者・コラム紹介バックナンバー
吉川英一 [個人投資家]

儲かる会社にするなら、
会社は自宅、社員は雇わない!

1
nextpage

自分の好きなことをして、効率的にお金を貯めることが「自分株式会社」をつくる目的だ。そうであれば、余分な支出を発生させてはいけない。対外的なミエや虚栄心を捨てて。シンプルでコストがかからない会社をつくろう。

会社の登記は自宅にするのが得策

 節税目的の法人を設立する場合は、自宅住所で登記するのがいいでしょう。

 これで家賃(マイホームの場合は家賃相当分)や電気代、ガス代、水道代などの2分の1程度は法人の経費として計上することが可能だと思います。ほかにも、新聞代や書籍代、固定電話や携帯電話料金、NHKの受信料、ケーブルテレビ、プロバイダー料金などは、おそらく全額経費として計上できるでしょう。

 業務でも使うような大型液晶テレビやDVDレコーダー、除湿器、空気清浄機、応接セットなどを買い替えるときは、法人の経費として損金で落とすことが可能になります。もちろん、パソコンや車を買い替えるときも、法人の経費や償却資産として経費化することができます。事務所に飾る絵画や、お客様用のコーヒーやお茶代まで考えれば、いろいろ思いつくはずです。

 つまり、自分株式会社をつくることによって、いままで所得税や住民税を取られた残りの手取り額から支払っていた、衣類と食費を除くほとんどの生活費が、法人の経費に置き換えられることになります。しかも今度は、税金を支払う前の収入の中から経費として差し引けるわけですから、経費でどんどん買わないと、損した気分になってしまいます(笑)

 日本の税制は、サラリーマン以外は申告納税制度を取っています。このため、経費として申告するかどうかは、社長本人の裁量に委ねられます。税務調査が入った際に、仕事をするために有益な支出だったことが説明できれば、ほとんどのものが経費計上できてしまいます。客観的な事実を指摘して、それを否定するのは税務署側だということをよく理解しておくべきでしょう。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
キーワード  副業 , 起業 , 節税
いまの科学で「絶対にいい!」と断言できる 最高の子育てベスト55

いまの科学で「絶対にいい!」と断言できる 最高の子育てベスト55

トレーシー・カチロー 著/鹿田 昌美 訳

定価(税込):本体1,600円+税   発行年月:2016年11月

<内容紹介>
子どもの豊かな心を育て、頭と体を伸ばしていくために親が知っておきたいことについて、最新の科学研究をもとに「最も信頼」できて「最も実行しやすい」アドバイスだけを厳選して詰め込んだ貴重な本。子にかけるべき言葉、睡眠、トイレトレーニング、遊び、しつけまで、これ一冊さえ持っていれば大丈夫という決定版の1冊!

本を購入する
ダイヤモンド社の電子書籍
(POSデータ調べ、11/20~11/26)


注目のトピックスPR


吉川英一 [個人投資家]

"1957年生まれ。富山県在住の個人投資家。年収360万円から低位株投資で資金を貯めて、アパート経営を開始。株と不動産で増やした資産は約2億円超。マネー誌などで指南役として活躍中。著書に『年収360万円から資産1億3000万円を築く法』『低位株で株倍々!』『不動産投資で資産倍々!会社バイバイ♪』『低位株必勝ガイド』『億万長者より手取り1000万円が一番幸せ!!』『一生お金に困らない個人投資家という生き方』(以上、ダイヤモンド社)、『一生好きなことをして暮らすための 「不労所得」のつくり方』(光文社新書)などがある。


サラリーマンこそ自分株式会社をつくりなさい

「会社がつまらない」「手取り金額が少ない」とお嘆きのあなた! それなら自分のための会社をつくりましょう。リスクの少ない副業で収入を増やしながら、税金などの社外流出も抑えられます。セミリタイヤもできて、好きなことだけで暮らせる人生が待っているのです。そんな虫のいい話を実現する方法をわかりやすく解説。

「サラリーマンこそ自分株式会社をつくりなさい」

⇒バックナンバー一覧