ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
評価が上がる!上司を味方にする技術
【第10回】 2010年4月15日
著者・コラム紹介バックナンバー
本間正人 [成人教育学博士]

媚びなくても成功する!
プライドの高い上司が気に入る部下の条件

1
nextpage

 前回は、「独裁型」である上司を持つにも関わらず、命令系統を無視するなどし、上司の怒りを増幅させてしまった部下の話を紹介しました。今回は対照的に「独裁型」の上司であっても、うまく立てることのできる部下のケースを紹介します。上司を立てられる部下は、立てられない部下と何が違っているのでしょうか。

上司の性格やプライドを尊重できる部下

 あるプロジェクトメンバーの1人である阿部さんは、最近になって製品の仕様が変更になったことについて、計画の一部見直し案を作成しています。しかし考えがなかなかまとめらないため、星野部長代理に相談することにしました。


阿部「部代(部長代理)、今ちょっといいですか?」

星野「阿部くんか。なんだい?」

阿部「プロジェクトの件で、ちょっと迷っていまして、部代のご指導をいただきたいと思いまして……」

星野「今はあまり時間がないんだが……、しかたないなぁ、わかったよ」

阿部「ありがとうございます。わずかな時間でも助かります」

星野「でも、あいかわらず君はニコニコしているな。迷っているようには見えないぞ」

阿部「そうですか? 笑っているつもりはないんですが、そう見えるみたいで……。すみません」

星野「いや、いいんだ。職場の雰囲気づくりにも貢献しているのかもしれないからな。それで、迷っているというのは?」

阿部「はい。ご承知のとおり、当初予定されていた製品と仕様が変わって、B社のほうから価格を下げるように言われているんですけれども、私なりに提案を3パターンつくってみたんです」

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR

    スペシャル・インフォメーションPR

ダイヤモンド・オンライン 関連記事
人工知能はどのようにして 「名人」を超えたのか?

人工知能はどのようにして 「名人」を超えたのか?

山本 一成 著

定価(税込):本体1,500円+税   発行年月:2017年5月

<内容紹介>
最強の将棋AIポナンザの開発者が超重要技術、「機械学習」「深層学習」「強化学習」を解説。そのうえで「知能とは何か」という問への回答を示す意欲作です。自らの手で人工知能を創り、将棋名人と並ぶまでに成長させてきた著者が腹落ちしたことだけを書いているので、世界一やさしく面白い人工知能の本になっています。

本を購入する
著者セミナー・予定

(POSデータ調べ、5/14~5/20)



本間正人 [成人教育学博士]

1959年東京生まれ。東京大学文学部社会学科卒業後、松下政経塾で松下幸之助の経営哲学を学ぶ。卒塾後、ミネソタ大学大学院修了(成人教育学博士、 Ph.D.)。ミネソタ州政府貿易局日本室長、松下政経塾研究部門責任者などを歴任し、現在、NPO法人学習学協会代表理事、帝塚山学院大学客員教授、NPOハロードリーム実行委員会理事などをつとめる。企業や地方自治体の管理職研修を担当しつつ、教育学に代わる「学習学」の構築を目指して、研究・講演活動を展開している。主なテーマは、コーチングの他、キャプテンシップ(プレーヤーとしてのリーダーシップ)、個人と組織の学習、戦略プランニング、創造力開発、学習スタイルなど多岐にわたる。NHK教育テレビ「実践ビジネス英会話」の講師などを歴任。コーチングやポジティブ組織開発、ほめ言葉などの著書多数。
ホームページ「らーのろじー株式会社」


評価が上がる!上司を味方にする技術

自分の周りにいる無関心な上司、優柔不断な上司、身勝手な上司…。しかし「ダメ上司だから…」と言ってるだけでは何も変わりません!どんな上司でもうまく巻き込むことで、自分の評価が上がる方法をお教えします。

「評価が上がる!上司を味方にする技術」

⇒バックナンバー一覧