ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
ずるい暗記術
【第3回】 2015年9月30日
著者・コラム紹介バックナンバー
佐藤大和 [弁護士]

学年ビリで偏差値30の私がなぜ、弁護士になれたのか?(下)
「ずるい暗記術」誕生の瞬間から完成形を迎えるまで

1
nextpage

偏差値30、学年ビリのヤンキーが、倍率約8倍の法科大学院に合格、日本最難関の試験に一発合格した勉強法をまとめたのが、9月18日発売の『ずるい暗記術』。理解もせず、ノートも使わず、時間が短いほど効果の表れる勉強法は、資格試験、英語、大学受験、入社試験ほかで効果を発揮します。
「ずるい暗記術」誕生の瞬間から完成形を迎えるまでを、2回に分けて紹介します。

必要なのは「過去問」と「参考書」と「本」だけ

前回は、「ずるい暗記術」の誕生を紹介しました。同じ勉強法で、私は立命館大学法科大学院の既修試験(2年コース)に合格しました。そのときの倍率は約8倍。

 10年以上勉強している人たちも法科大学院の入試に落ちているなかで、またもや3ヵ月の勉強で受かってしまったことに、私は内心鼻高々でした。ところが、ここでまた挫折が訪れます。

 法科大学院の授業は、先生の質問に答えながら学んでいく「対話形式」でした。理解していない私はまったく答えられず、また参考書や教科書をやる正攻法の勉強に戻ってしまったのです。私にとって、これは大きな痛手でした。

 おそらくこの勉強法だから、成績を落としている人は多いはずです。

 成績はさらに落ち、司法試験まであと5ヵ月。この時点での司法試験の合格率は5%未満でした。「この1年半でなんでこんなにダメになってしまったんだろう?」と自問自答し、「私に合った勉強法はこれじゃない!」と、あの勉強法を思い出したのです。

 「まず合格。受かったあとで苦労すればいい」と、過去の問題集(過去問)を繰り返し、参考書と本で知識を補うというやり方に変えました。私にとっては、こちらのほうが授業で覚えるよりもはるかに有効でした。

ラクして勉強するには、
「スピード暗記」がすべてだった

 はっきり断言します! 暗記さえできれば、どんな試験でも合格できます。そして試験では、瞬時に思い出す作業が最重要。だから、暗記をするときには、スピードも意識するようにしていました。

 できるだけ短い時間で過去問をたくさん見ることのほか、速読にも挑戦しました。

 今までやってきた問題集や参考書を1ページ1秒くらいの速さで読んでみると、いろいろな記憶が面白いように紐づけされ、浮かび上がってきます。

 散歩に出たり、友達と会話したりするなかでさらに覚えた知識は定着していき、ここまでくるともう楽しくて仕方がありません。

  この「過去問を使った速読」は、もしかしたらすごい勉強法かもしれない、と自分でも思ったものです。試験前日も参考書をパラパラとめくるだけ。試験本番も普段から短い時間でやる訓練をしていたため、余裕をもって臨むことができました。そして、司法試験5ヵ月前に合格率が5%未満であった私が、なんと民事系科目上位5%以内というトップクラスの成績で司法試験を1回で突破したのです。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
いまの科学で「絶対にいい!」と断言できる 最高の子育てベスト55

いまの科学で「絶対にいい!」と断言できる 最高の子育てベスト55

トレーシー・カチロー 著/鹿田 昌美 訳

定価(税込):本体1,600円+税   発行年月:2016年11月

<内容紹介>
子どもの豊かな心を育て、頭と体を伸ばしていくために親が知っておきたいことについて、最新の科学研究をもとに「最も信頼」できて「最も実行しやすい」アドバイスだけを厳選して詰め込んだ貴重な本。子にかけるべき言葉、睡眠、トイレトレーニング、遊び、しつけまで、これ一冊さえ持っていれば大丈夫という決定版の1冊!

本を購入する
著者セミナー・予定
(POSデータ調べ、11/20~11/26)


注目のトピックスPR


佐藤大和 [弁護士]

レイ法律事務所代表弁護士(東京弁護士会所属)
1983年生まれ。宮城県石巻市出身。高校時代、模試では偏差値30のダントツビリで落ちこぼれ。大学生になってから勉強に目覚め、2009年の司法試験に1回目で合格(民事系科目は上位5%以内で合格)。11年、弁護士となり、大手法律事務所を経て、14年4月、レイ法律事務所を設立し、経営者弁護士として、2016年1月には国内の法律事務所でTOP5%以内の事務所規模に成長させる。TBS「あさチャン!」、フジテレビ「バイキング」のコメンテーターのほか、NHK Eテレ「Rの法則」などに出演。フジテレビ「リーガルハイ」、テレビ朝日「グッドパートナー 無敵の弁護士」、日本テレビ「ヒガンバナ〜警視庁捜査七課〜」など数多くの人気ドラマの法的監修も手掛ける。15年9月には『ずるい暗記術 偏差値30から司法試験に一発合格できた勉強法』(ダイヤモンド社)を出版し、ニューヨークタイムズ、スウェーデンの新聞社など海外からも取材も受けるマルチ弁護士として活躍中。

 


ずるい暗記術

偏差値30の学年ビリが、司法試験になんと1発合格! 資格試験、英語、大学受験、入社試験ほか、「答え」が存在する試験で、効率的に結果を出す勉強法が『ずるい暗記術』です。本書より、常識とはかけ離れたこの勉強法がなぜ、効果的なのか? 著者の魅力と勉強法のポイントを合わせて紹介していきます。

「ずるい暗記術」

⇒バックナンバー一覧