ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
いまこそ読みたい! ダイヤモンド社100年100冊
【第88回】 2015年10月1日
著者・コラム紹介バックナンバー
鎌塚正良 [ダイヤモンド社論説委員]

情報化社会の到来や経済のグローバル化を予見
社会の大転換期を的確に指摘した歴史的大著
『断絶の時代』

1
nextpage

今日誰もが知っている「情報化社会」「グローバル経済」という概念は、すでに60年代にドラッカーによって使われていました。今回ご紹介する『断絶の時代』は、今なお続く社会の転換期「断絶」についての深い洞察に満ちています。その輝きは刊行から40年以上経過した今なお色褪せません。

時代を変えた書『断絶の時代』が
刊行された1969年はどのような時代だったのか

ピーター・F・ドラッカー著、上田惇生訳『断絶の時代』 2007年7月刊。「P・F・ドラッカー・エターナル・コレクション」の第7巻として刊行されました。

 出し抜けに40年以上も前のことで恐縮ですが、以下、1969(昭和44)年に起きた主な出来事をいくつかピックアップしてみます。

1月 チェコスロバキアの大学生がプラハ市内の広場において、ワルシャワ条約機構軍の侵攻による「プラハの春」圧殺に抗議して焼身自殺を図る。東京大学安田講堂では、日米安保条約や授業料値上げなどに反対する全共闘や新左翼の学生たちと警視庁機動隊が衝突。東大構内での逮捕者は600人以上にのぼり、この年の東大入試は中止となった。

4月 連続射殺事件犯人の永山則夫逮捕。シャルル・ドゴールはフランス大統領を辞任した。

5月 東名高速道路が全線開通。

6月 日本のGNP(国民総生産)が西ドイツを抜いて世界第2位になったと経済企画庁が発表。ニューヨークではゲイによる暴動、いわゆる「ストーンウォールの反乱」が発生した。

7月 アポロ11号が人類初の月面有人着陸に成功。

8月 ロックミュージックの祭典「ウッドストック・フェスティバル」開催。
(以下、省略)

 この年、ピーター・ドラッカーの名著として知られる“The Age of Discontinuity”が米国で刊行され、その初訳となった『断絶の時代――来たるべき知識社会の構想』も同じ年に日本で出版されました。そして38年後の2007年には、最新訳版として『断絶の時代――ドラッカー名著集「P・F・ドラッカー・エターナル・コレクション第7巻」』が発刊されています。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
まいにち小鍋

まいにち小鍋

小田真規子 著

定価(税込):本体1,100円+税   発行年月:2016年11月

<内容紹介>
簡単で安くて、ヘルシー。ポッカポカの湯気で、すぐにホッコリ幸せ。おひとりさまから共働きのご夫婦までとっても便利な、毎日食べても全然飽きない1〜2人前の小鍋レシピ集!「定番鍋」にひと手間かけた「激うま鍋」。元気回復やダイエットに効く「薬膳鍋」や、晩酌を楽しみたい方に嬉しい「おつまみ鍋」など盛り沢山!

本を購入する
ダイヤモンド社の電子書籍
(POSデータ調べ、11/20~11/26)


注目のトピックスPR


鎌塚正良 [ダイヤモンド社論説委員]

1978年ダイヤモンド社入社。「週刊ダイヤモンド」編集長などを経て、現在は書籍編集局担当の取締役兼論説委員。


いまこそ読みたい! ダイヤモンド社100年100冊

ダイヤモンド社は2013年5月1日に創立100年を迎えることになりました。雑誌を追う形で始まった書籍事業も、ビジネスジャンルを中心に刊行点数は1万点を優に超えています。

書籍は、その時々の経済環境や流行など世相を色濃く反映しているものが多数を占めますが、時代を超えて読み継いでもらいたい名著が、私達の書棚にはたくさん並んでいます。

本連載は100周年を記念し、普遍の名著と呼ばれる作品から、今だからこそ読みたい隠れた名作まで、有名無名織りまぜた100冊を紹介していきます。ダイヤモンド社が誇るベテラン執筆陣の、単なる書評にとどまらない論説をご期待ください!

 

「いまこそ読みたい! ダイヤモンド社100年100冊」

⇒バックナンバー一覧