創続総合研究所

相続人の配偶者は、損得勘定で動く!?
~連れ合いの親が亡くなり相続に。あなたは何を考えますか?

相続人は「情」、配偶者は「損得」で動く

八木 それにしても、「妻の夫」は、どうしてそんなにドライになれるのでしょう?

八木美代子
ビスカス代表取締役

村越 あそこまで言う人は、そんなにいないとは思いますけど、遺産分割協議で遠慮会釈なく「権利」を主張するような相続人の配偶者は、もはや例外ではありません。
 誤解を恐れずに言えば、彼らの頭の中にあるのは、100%金銭的な「損得」なんですね。「もらえるものはもらおう」「1円でも損しないように」と、単純に割り切るわけです。

八木 だから、法定相続分より取り分が少なかったりすると、黙っていられない。

村越 もちろん、相続人の間にだって、「損得」はあります。でも、それだけじゃない。家族の歴史や思い出に裏打ちされた「情」というものが少なからず存在して、それがほとんどの相続に影響しているのです。
 さっきの例でも、娘さんは、毎日深夜に帰宅する父親を支え、学生時代には手塩にかけた弁当を毎日持たせてくれた母親への、尊敬や感謝の念をお持ちでした。だから、「お父さんが亡くなった後は、楽をさせてあげたい」と、初めは母親が多く相続することを、むしろ望んでいたのです。

 

八木 そんな妻を、旦那さんはよく説き伏せられましたね。

「理論武装」はいいけれど……

村越 これも、遺産分割協議に出てくるような人にほぼ共通することなんですが、彼らはそれなりの「理論武装」をするわけです。この旦那さんの場合は、「今お母さんがたくさん相続すると、今度お母さんが亡くなった時に支払う相続税が大変だ」という理屈でした。
 確かに、税金のことだけを考えるならば、彼の言うのは正論なんですね。相続には、夫と妻のどちらかが亡くなって発生する一次相続と、残ったほうが亡くなる二次相続があります。一次相続で配偶者が多くの遺産を相続すると、当然のことながら、二次相続の際には、それに見合った相続税を払わなくてはなりません。一次、二次相続トータルの納税額を考えても、一次相続の時に、あまり配偶者に偏らないほうが少なくて済む場合があるわけで、この一家の場合は、それに当てはまりました。

創続総合研究所 特集TOPに戻る

SPECIAL TOPICS


 


八木美代子 [株式会社ビスカス代表取締役]

早稲田大学卒業後、リクルート入社。1995年に株式会社ビスカスを設立。税理士を無料でご紹介するビジネスモデルを日本で初めて立ち上げ、現在まで10万件以上のマッチングを実現。相続に強い税理士のみを集めたサイト「相続財産センター」を運営し、相続コーディネーターとしても業界ナンバーワンの実績を誇る。著書に『相続の現場55例』(ダイヤモンド社)、『相続、いくらかかる?』(日経BP社)、『相続は『感情のもつれ』を解決すればお金の問題もうまくいく』(サンマーク出版)などがある。
株式会社ビスカス

 


相続の現場~争いから学ぶハッピー相続術

相続の別名は、「争続」。仲の良かった兄弟姉妹が親の遺産を前に骨肉の争いを演じるというのは小説やテレビドラマの中だけの出来事ではないようです。諍いの中心はもちろん「お金」。ですが兄弟姉妹には、他人がうかがい知ることのできない「本音」「思い」があるようで……奥底にある「心の綾」を解きほぐすと争いから一転、分かりあえるのが家族。そうした「ハッピー相続」の例を解説します。

「相続の現場~争いから学ぶハッピー相続術」

⇒バックナンバー一覧