ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
シンプルに考える
【第39回】 2015年10月21日
著者・コラム紹介バックナンバー
森川亮

【森川亮×安藤美冬 特別対談】(下)
20代は、悩んだら「挑戦」をとる!
「自分らしい生き方」を掴む方法

1
nextpage

日本テレビ、ソニーを経て、LINE(株)CEOを退任後、動画メディア「C CHANNEL」を立ち上げた森川亮さんと、集英社を飛び出してフリーとして「新しい働き方」を追求する安藤美冬さんの対談が実現した。自分のキャリアと人生を切り拓くために、20代のいま、何をすべきか? 20代でおおいに迷ったおふたりに、『シンプルに考える』(森川亮、ダイヤモンド社)、『冒険に出よう』(安藤美冬、ディスカバー21)をもとに、語り合っていただいた。 (構成:田中裕子)

自分の欠点を見つめる先に、道は広がっている

森川亮さん(以下、森川)『冒険に出よう』のなかに、「どのような働き方をしたいのか。それを導き出すために、まず『やりたくないこと』を明確にすることからはじめた」とありました。僕もその考え方には賛成ですが、安藤さんは、なぜそう考えるようになったのでしょうか? 

安藤美冬(あんどう・みふゆ)フリーランサー、コラムニスト。コラム執筆、大学講師、商品企画、コメンテーターなど様々な仕事を手がける株式会社スプリー代表。講談社ミスiD2016審査員。大地の芸術祭越後妻有アートトリエンナーレ2015オフィシャルサポーター。DRESS働き方担当相。オズトリップ、TABI LABO連載中。著書に『冒険に出よう』『20代のうちにやりたいこと手帳』(いずれもディスカヴァー)など。

安藤美冬さん(以下、安藤) 集英社を退職して独立するときに、「やりたいこと」がわからずに悩んだことがきっかけです。私はいろいろなことに目が向いてしまう性格で、それが長い間コンプレックスでした。何にでも手を出すけれど、その道で大成するわけはもない。会社に入ってからも、ファッションだったり、マンガだったり、いろいろなことに興味をもって追求しましたが、「誰よりも詳しい」と言えるものは何ひとつない。いよいよフリーになるときに「本気で取り柄を見つけないとダメだ」と焦ってしまって……。

森川 たしかに、フリーランスでジェネラリストという人は、あまり聞いたことがないですね。

安藤 そうですよね? 好きなことはたくさんある。でも「これ」と決められない。悩みに悩んだとき、「まずは『やりたくないこと』を明確にしてみよう!」と思いついたんです。

森川 なるほど。たしかに、「やりたくないこと」を挙げることで要素をそぎ落としていって、消去法的に「やりたいこと」を探し出すというのはひとつの手ですよね。安藤さんの「やりたくないこと」は何だったんですか?

安藤 いろいろと書き出して考えた結果、「営業をしない」「肩書きをひとつに決めない」「スーツを着ない」の3つに決めました。それが決まったうえで世界中の新しい働き方を調べるうちに、いまの私の働き方に影響を与えた「ポートフォリオワーカー」や「パラレルキャリア」という考え方に出会ったんです。そして、だんだん自分の進むべきが見えてきたような気がします。

森川 なるほど。

安藤 言ってみれば、私には「全部中途半端」という欠点があったからこそ、自分の進みたい道が見えてきたとも言えるんです。だから私、欠点にこそ、その人の宝物が眠っている気がしてならないんです。世間では「欠点には目をつぶって長所を伸ばせ」とよく言われますけど……。

森川 たしかに、大人になって欠点を伸ばすのは非効率ですからね。むしろ、視点を変えたほうがいい。欠点をどうにかしようとするんじゃなくて、その欠点を生かす方法を考えるというか……。

安藤 そうですよね。そのためにも、自分の欠点を見て見ぬふりするのではなく、しっかりと向き合うほうがいいと思うんです。ほんとうの自分は、欠点の中にひそんでいると思うから。

森川 ただし、自分の欠点を責めてもしょうがない。それをいかに生かすか。そんな視点で、向き合うといいでしょうね。ところで、フリーとして進む道が見えてからは、順調にやって来られたんですか?

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
まいにち小鍋

まいにち小鍋

小田真規子 著

定価(税込):本体1,100円+税   発行年月:2016年11月

<内容紹介>
簡単で安くて、ヘルシー。ポッカポカの湯気で、すぐにホッコリ幸せ。おひとりさまから共働きのご夫婦までとっても便利な、毎日食べても全然飽きない1〜2人前の小鍋レシピ集!「定番鍋」にひと手間かけた「激うま鍋」。元気回復やダイエットに効く「薬膳鍋」や、晩酌を楽しみたい方に嬉しい「おつまみ鍋」など盛り沢山!

本を購入する
ダイヤモンド社の電子書籍
(POSデータ調べ、11/20~11/26)


注目のトピックスPR


森川亮 

1967年神奈川県生まれ。1989年筑波大学卒業後、日本テレビ放送網に入社。幼少時から一貫して音楽を続けてきたこともあり、音楽番組の制作を希望するもコンピュータシステム部門に配属。本格的にコンピュータを学ぶ。インターネットの登場に刺激を受け、ネット・ビジネスに傾倒。ネット広告や映像配信、モバイル、国際放送など多数の新規事業立ち上げに携わる。仕事のかたわら青山学院大学大学院にてMBAを取得。2000年にソニー入社。ブロードバンド事業を展開するジョイントベンチャーを成功に導く。2003年にハンゲーム・ジャパン株式会社(後にNHN Japan株式会社、現LINE株式会社)入社。4年後には日本のオンライン・ゲーム市場でナンバーワンとなる。2007年に同社の代表取締役社長に就任。2015年3月にLINE株式会社代表取締役社長を退任、顧問に就任。同年4月、動画メディアを運営するC Channel株式会社を設立、代表取締役社長に就任した。


シンプルに考える

「あれも大事、これも大事」と悩むのではなく、「何が本質なのか?」を考え抜く。そして、本当に大切な1%に100%集中する。シンプルに考えなければ、何も成し遂げることはできない――。LINE㈱CEO退任後、注目の経営者がはじめて明かす「仕事の流儀」!

「シンプルに考える」

⇒バックナンバー一覧