ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
東京が壊滅する日 ― フクシマと日本の運命
【第28回】 2015年10月21日
著者・コラム紹介バックナンバー
広瀬 隆 [ノンフィクション作家]

原発再稼働と安保法強行の裏に、
何がひそんでいるのか?
――秋山豊寛×広瀬隆対談【後篇】

1
nextpage

『原子炉時限爆弾』で、福島第一原発事故を半年前に予言した、ノンフィクション作家の広瀬隆氏。
壮大な史実とデータで暴かれる戦後70年の不都合な真実を描いた『東京が壊滅する日――フクシマと日本の運命』が増刷を重ね、第6刷となった。
本連載シリーズ記事も累計247万ページビュー(サイトの閲覧数)を突破し、大きな話題となっている。
このたび、新著で「タイムリミットはあと1年しかない」とおそるべき予言をした著者と、宇宙飛行士・ジャーナリストで、朝日新聞「プロメテウスの罠」に「百姓飛行士」の連載に登場している秋山豊寛氏が初対談!
秋山氏は、フクシマ原発事故時に福島県内でしいたけ農家をしていたが、事故後京都に移住。現在は、京都造形芸術大学教授として教壇に立っている。
8月11日の川内原発再稼働後、豪雨による鬼怒川決壊、東京で震度5弱、阿蘇山噴火、南米チリ沖マグニチュード8.3地震による津波余波など、日本列島を襲う自然災害が続出している。
これを受け、10月23日に広瀬隆氏の「緊急特別講演会」の開催告知をしたところ、多数の申込がきているという。
川内原発2号機が再稼働後、伊方、高浜と次々再稼働計画が進んでいるが、本当に大丈夫なのか?
注目の対談最終回をお届けする。
(構成:橋本淳司)

日本の宇宙飛行士第1号は
米ソのシナリオで誕生!

広瀬 隆
(Takashi Hirose)
1943年生まれ。早稲田大学理工学部卒。公刊された数々の資料、図書館データをもとに、世界中の地下人脈を紡ぎ、系図的で衝撃な事実を提供し続ける。メーカーの技術者、医学書の翻訳者を経てノンフィクション作家に。『東京に原発を!』『ジョン・ウェインはなぜ死んだか』『クラウゼヴィッツの暗号文』『億万長者はハリウッドを殺す』『危険な話』『赤い楯――ロスチャイルドの謎』『私物国家』『アメリカの経済支配者たち』『アメリカの巨大軍需産業』『世界石油戦争』『世界金融戦争』『アメリカの保守本流』『資本主義崩壊の首謀者たち』『原子炉時限爆弾』『福島原発メルトダウン』などベストセラー多数。

広瀬 秋山さんは1990年12月、宇宙飛行士としてソ連の宇宙ステーション・ミールに6日間滞在していますね。
 毛利衛がアメリカのスペースシャトルに乗り込むより1年10ヵ月前で、日本人初の宇宙飛行士になりました。
 私は、宇宙飛行というと、NASAのミサイル開発部隊をまず最初に思い浮かべるので、それで初対面の時は秋山さんを怪しい人物だと思ったのです。
 その当時は、原発に対する興味関心はあまりなかったというお話でしたね。

秋山 当時は、原爆や水爆については興味がありましたけれど、原発とのつながりまできちんと追えていませんでした。
 しかし、今振り返って見ると、僕が宇宙に行くチャンスが設定されたこと自体、米ソ間の手のひらの上で踊ったんじゃないかという気がするのです。

広瀬 アメリカとソ連が設定した舞台に乗せられたということですか?

秋山 そういうことです。1985年にゴルバチョフが登場した時点で、ソビエトはアメリカとの軍拡競争には勝てないとわかっていました。1987年にゴルバチョフは50万人の軍人削減を発表しています。

広瀬 秋山さんがワシントン支局長として駐在していた頃の話ですね。

秋山 最終的に、1991年7月のブッシュとゴルバチョフのSTART条約(第一次戦略兵器削減条約)調印で決着がつきましたが、経緯を見ると、当時のアメリカには戦略上の心配事が2つありました。1つは核弾頭の管理です。
 米ソが軍縮して核弾頭を削減することが決まっても、どう処分するかは不明確では困ります。どこかに拡散してしまう可能性がありました。
 そこで米ソ交渉の中で、解体費用はアメリカが持つ、ただし、ソ連の核弾頭解体にアメリカを立ち合わせろということになりました。

秋山豊寛
(Toyohiro Akiyama)
1942年、東京生まれ。宇宙飛行士、ジャーナリスト、京都造形芸術大学教授。国際基督教大学卒業後、TBSに入社。ロンドン駐在、ワシントン支局長などを歴任。 1990年12月2日から9日間、日本人初の宇宙飛行士として、旧ソ連の宇宙船「ソユーズ」、宇宙ステーション「ミール」に搭乗。1995年にTBSを退社。翌年から福島県滝根町(現・田村市)で有機農業としいたけ栽培に勤しむが、2011年3月11日の東日本大震災と原発崩壊のため、“原発難民”に。著書に、『原発難民日記』(岩波書店)などがある。

広瀬 現在でも、アメリカとロシアの核弾頭の数は、全世界でダントツのままです。

秋山 その通り。もう1つは、ロケット・核運搬技術の流出防止がありました。
 ソビエトが急激に解体すると、ロケット開発の技術者が流出してしまうおそれがある。昔から敗戦国の頭脳をどうコントロールするかということが、戦勝国の重要な課題でした。

 現に、アメリカは第2次世界大戦後に、ドイツのロケット技術開発の指導者だったヴェルナー・フォン・ブラウン博士を、アメリカに連れてきました。
 要するに、ドイツのロケット開発の要人や技術者を司法取引でアメリカに連れてきました。彼らのおかげで、人類を月に送ったサターンロケットを開発できたわけです。

広瀬 ソ連も、同じようにナチスのV2ロケット開発をしたフォン・ブラウン博士の同僚科学者を連れてきて、ロケット開発をさせましたからね。

秋山 日本の細菌戦731部隊も司法取引によって無罪になり、彼らの研究成果がアメリカにもってゆかれて、アメリカの生物化学兵器開発につながっています。

広瀬技術は、関わった人間の脳内にあることを、アメリカはよく知っているわけです。だからアメリカでは人間の管理を徹底的に行います。
 しかしソ連は、共産主義が崩壊後、私のところにヨーロッパ人から「ソ連のKGBの軍事機密を買わないか」という話がもちこまれ、たまげました。トラック何台分にもなる資料で、しかも諜報機関KGBの機密資料ですよ。そこまでソ連がダメになったかと……勿論、断りましたがね。

秋山 ソビエトが解体し、有人宇宙飛行を含めたロケット産業も解体して、技術者たちが拡散したらマズイとアメリカが心配したのも当然です。
 現実にその当時、インドからは「ソビエトのロケット技術がほしい」と言ってきました。

 そこでアメリカは、ソビエトのロケット産業に関わる人々の暮らしを維持できるように、協力する必要がありました。
 しかし、核兵器削減交渉を進めていた1980年代後半は、まだ米ソの冷戦は終わっていません。議会はそのための予算を承認しないでしょう。アメリカが直接ロシアに資金援助できないわけです。そうすると、他国に資金を出させる必要がありました。

広瀬 アメリカが技術を拡散させないよう、裏で糸を引いたというわけですね。そこに秋山さんが日本人として引っ張りだされた

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
まいにち小鍋

まいにち小鍋

小田真規子 著

定価(税込):本体1,100円+税   発行年月:2016年11月

<内容紹介>
簡単で安くて、ヘルシー。ポッカポカの湯気で、すぐにホッコリ幸せ。おひとりさまから共働きのご夫婦までとっても便利な、毎日食べても全然飽きない1〜2人前の小鍋レシピ集!「定番鍋」にひと手間かけた「激うま鍋」。元気回復やダイエットに効く「薬膳鍋」や、晩酌を楽しみたい方に嬉しい「おつまみ鍋」など盛り沢山!

本を購入する
ダイヤモンド社の電子書籍
(POSデータ調べ、11/20~11/26)


注目のトピックスPR


広瀬 隆 [ノンフィクション作家]

1943年生まれ。早稲田大学理工学部卒。公刊された数々の資料、図書館データをもとに、世界中の地下人脈を紡ぎ、系図で衝撃的な事実を提供し続ける。メーカーの技術者、医学書の翻訳者を経てノンフィクション作家に。『東京に原発を!』『ジョン・ウェインはなぜ死んだか』『クラウゼヴィッツの暗号文』『億万長者はハリウッドを殺す』『危険な話』『赤い楯―ロスチャイルドの謎』『私物国家』『アメリカの経済支配者たち』『アメリカの巨大軍需産業』『世界石油戦争』『世界金融戦争』『アメリカの保守本流』『資本主義崩壊の首謀者たち』『二酸化炭素温暖化説の崩壊』『原子炉時限爆弾』『福島原発メルトダウン』『原発ゼロ社会へ! 新エネルギー論』など著書多数。


東京が壊滅する日 ― フクシマと日本の運命

公刊された数々の資料、図書館データをもとに、世界中の地下人脈を紡ぎ、系図で衝撃的な事実を提供し続けるノンフィクション作家の広瀬隆。『東京が壊滅する日 ― フクシマと日本の運命』は壮大な史実とデータで暴かれる戦後70年の不都合な真実を描いた大作。51の【系図・図表と写真のリスト】と公刊された科学的データで誰も知らなかった真実を掲載。本連載では、本書周辺の原発再稼働をめぐる問題や、今そこにある危機を紹介する。

「東京が壊滅する日 ― フクシマと日本の運命」

⇒バックナンバー一覧