ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
ホリエモン的常識

食料品軽減税率は低所得者対策にはならないし
ITゼネコンを喜ばすだけ 【ホリエモン的常識】

堀江貴文 [実業家、SNS株式会社ファウンダー]
【第52回】 2015年10月20日
著者・コラム紹介バックナンバー
Q.2017年4月の消費税率10%への引き上げにあわせて、食料品などを対象に軽減税率が導入される方向で検討が進んでいます。税率の異なる物品が混在することで、販売店などの負担が増大する懸念がありますが、軽減税率に関して堀江さんはどうお考えでしょうか。

一律税率の例外を作る軽減税率には反対
結局は大手システム屋が儲かるだけじゃん

A.基本的に、消費税には軽減税率などもろもろの例外品目を設けるべきではありません。なぜなら一律課税ができることがメリットだからです。

 財務省から示された還付方式に関しても、消費税の還付ではなく、所得税を軽減する、ないし所得の低い人には給付金を支給するなど、所得税の制度の枠内で対処する方法が適切だと思います。各世帯の所得金額をマイナンバーを活用して管理することで、一定以上の所得が少ない人に対して給付を行うことは可能です。

 一方、負の所得税にしても、財源の問題は発生しますから、歳出面で社会保障制度を抜本的に見直す必要があると思います。

 複数税率に伴う小売店等のシステム開発負担については、情報関連事業で幅を利かす大手IT企業、いわゆるITゼネコンへ仕事を丸投げ発注するのをすぐにもやめる。

 そして、例えばブロックチェーンテクノロジー(※)のような、堅牢でデータ消失のリスクも低く、改ざんも難しいテクノロジーを採用するなどの方法によって、安全でかつ極限まで低コスト化することが可能です。目的の沿った最も適切・効率的で、費用も少ない方法を採用すれば、国民に大きな負担を強いることはないと思います。

 しかし、結局は今までどおりの非効率で、一部の関係者間での分捕り合戦のような発注方法をとってしまうのではないかと懸念しています。

※ブロックチェーンテクノロジー ビットコインなどで使われる、分散型のコンピューターネットワークを活用し、皆が互いに監視しあう仕組みなどを活用したシステム

Q.11月の大阪府知事選挙、大阪市長選挙を前に橋下徹大阪市長が新党「おおさか維新の会」を結党しました。5月に政界引退を表明していた橋下氏ですが、堀江さんは橋下氏の行動を評価しますか。また新党の狙いはどこにあると思いますか。

橋本氏は言葉どおり引退する
だからこそ、あとを託す新党を立ち上げたのだろう

A.新党の結成に関しては、橋下氏の政治改革の一里塚である大阪都構想を実現させ、行政の無駄を一気になくすという、彼の原点に立ち戻ったのだと思います。

 大阪都構想を実現し、それを突破口に全国の行政の無駄の削減に繋げ、結果として小さな政府を実現できるという考えなのでしょう。

 ただ、橋下氏の政界引退の意志は揺るがないと思います。彼もこの先の人生のなかで、他にやりたいことはたくさんあるでしょうし、これまで十分に政治貢献してきたと思います。

 これからは、彼の後に続く人たちにバトンタッチして、彼らもDUTY、すなわち義務や本分を全うしてもらいたいと思っているのだと思います。

 「おおさか維新の会」を結党したのことも、橋下氏が表舞台から去っても、残された同志がその原点を忘れないようにと、より純化を目指した彼の思いなのではないでしょうか。

 橋下氏が去る以前の維新の党のような状況では、政策も目指す方向もブレブレの、ただの野合になってしまうという警戒感があったのだと思います。

 橋下氏が睨みを利かせているうちは、それなりにグリップできていたのですが、彼が引退してしまった後は、束ね役がいなくなってしまいますからね。

毎週月曜日に配信!

あのホリエモンのメルマガがダイヤモンド社から配信開始

  • 毎週月曜日は、通常号「堀江貴文 ブログでは言えない話」
  • 毎週火曜日は、DPMだけの特別配信「ホリエモン的常識」
    (週刊ダイヤモンド連載生原稿)

メルマガ申し込みへ

●橘玲、闇株新聞などダイヤモンド社の著者がメルマガを配信!DPM(ダイヤモンド・プレミアム・メールマガジン)

関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

堀江貴文 [実業家、SNS株式会社ファウンダー]

1972年福岡県八女市生まれ。血液型A型。実業家。元・株式会社ライブドア代表取締役CEO。民間でのロケット開発を行うSNS株式会社ファウンダー。東京大学在学中の1996年、23歳のときに有限会社オン・ザ・エッヂ(後のライブドア)を起業。2000年、東証マザーズ上場。2004年から05年にかけて、近鉄バファローズやニッポン放送の買収、衆議院総選挙への立候補などといった世間を賑わせる行動で一気に時代の寵児となる。しかし2006年1月、証券取引法違反で東京地検特捜部に逮捕され懲役2年6ヵ月の実刑判決を下される。2013年11月に刑期を終了し、ふたたび自由の身となって「ゼロ」からの新たなスタートを切った。自身のブログ「六本木で働いていた元社長のアメブロ」で独自の見解を展開中。著書に『徹底抗戦』『人生論』『希望論』など。TV、ラジオ、インターネット番組と幅広く活躍中。


ホリエモン的常識

日本で一番有名な企業家、ホリエモンが世間の常識に囚われずに、本音の回答を行なうQ&A連載がスタート。

毎回、起業、IT、テクノロジー、経済、時事問題などあらゆるジャンルの質問に答えていきます。質問は以下から q-horie@diamond.co.jp  週刊ダイヤモンドでの連載と連動し、DPM(ダイヤモンド・プレミアム・メールマガジン)では、フルバージョンでの配信も行ないます。

「ホリエモン的常識」

⇒バックナンバー一覧