ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
from dot.

セックスや食事、趣味…「機能別彼氏」を求めるキャリア女性の実態

dot.
2015年10月24日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage
機能別彼氏を持つ彼女たちは、その存在を交際するすべての男性に率直に話すという(写真は本文と関係ありません)

 通話やゲーム、電子書籍――ガラケーやスマートフォン、タブレットを機能別で持つように、複数の彼氏を機能別で使い分ける女性たちが増殖している。都市部に住む、高学歴のオーバー35女性ほどその傾向が顕著だという。そんな“機能別彼氏”を使いこなす? 女性たちの生の声を聞いてみた。

 「本命の彼といえども欠点や足りないところはあります。それを別の男性ひとりで補えるといいのですが。すべてとなるとちょっと現実的ではないですよね? だったら複数に分散すればいいかなと……。男性それぞれが持つ長所だけを“つまむ”というわけです」

 得意分野の異なる男性複数人と同時進行で付き合う“機能別彼氏”を持つ理由をカナさん(39)はこう語る。彼女は、関西の名門女子大学卒、国内航空会社を経て、現在、外資系航空会社CA、離婚暦ありの独身だ。今、本命の彼氏とは別に「セックス」「(悩みや愚痴の)吐き出し」「食事&飲み」「ルックス」「趣味」「学び」「癒やし」……と、それぞれ8つの機能にわかれた彼氏がいるというのだ。

 「本命を含め、彼らひとりひとりをみれば、どこか“帯に短し、たすきに長し”といったところは否めません。でも、彼らを“チーム”と思えば求める男性の理想像が成立しています」(カナさん)

 39歳という年齢の割に若く見え、ブランドものとファストファッションを品よく上手にコーディネート。そのファッションセンスから育ちのよさがみえる。そんなお嬢様育ちの彼女から想像もつかない話が次々と繰り出される。

 「セックスパートナーの彼とのエッチは本命の彼と違って、魂と魂が惹かれあうSEXです。私から“中出し”しないという条件でコンドームを着けずにしてもらっています。もう離れられません……溺れてしまいました」(前出・カナさん)

 よく特定のパートナー、既婚者が、別のセックスパートナーを持つのは、SMやスワッピングなどの特殊性癖が介在するという話がある。だがカナさんはこれをきっぱり否定する。

 「遊びで手錠や目隠し、ローションを使ったことはありますが、基本、アブノーマルなことはしません。ぶつかり合うくらいにエッチの相性がいい。そこに尽きます」(同)

 本命の彼にはないSEXはこのセックスパートナーによって満たされた。だが日々の日常生活で起こる些細な不平や不満を彼は受け止めてくれる相手ではない。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事


from dot.

『週刊朝日』や『AERA』を発行する朝日新聞出版のwebサイト「dot.」とのコラボレーション連載。

「from dot.」

⇒バックナンバー一覧