ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
追跡!AtoZ ~いま一番知りたいテーマを追う!超リアルドキュメント

日本経済の牽引役「エコカー」が作れなくなる?!
製造業の生命線「レアメタル」を確保せよ

――資金力の中国vs技術力の日本 過熱する資源争奪戦

NHK「追跡!AtoZ」取材班
【第41回】 2010年5月7日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 ハイブリッドカーや電気自動車、そして太陽光発電・・・、今後の日本経済を牽引すると期待されているこれらの製品に欠かせない資源がある。ニッケルやプラチナ、レアアースなど「産業のビタミン」と言われるレアメタル(希少金属)だ。

今後の日本経済の牽引役ともいえるハイブリッドカーや電気自動車に欠かせない資源「ニッケル」(レアメタルの一種)【写真右】。資源高が進む中で、国を挙げての争奪戦が始まっている。

 しかしいま、資源高が進む中で、エコカーに必要なレアアースの価格は急上昇。さらに、国をあげて世界中で資源確保に動いている中国を相手に、日本は権益の獲得で厳しい戦いを強いられており、産業界の危機感が高まっている。

 日本経済のカギを握るレアメタル確保の最前線で何が起きているのか、そして日本はどんな戦略をとるべきなのか。

ボツワナで起きた
レアメタル争奪戦

 アフリカ南部、人口200万足らずのボツワナ。世界有数のダイヤモンドの生産国として知られるこの国に、いま世界各国が、レアメタルを掘り当てようと殺到している。狙うのは、リチウムイオン電池に欠かせない、ニッケル。

ボツワナ最大のBCL鉱山。地下700メートルまで掘り下げ、リチウムイオン電池に欠かせない「ニッケル」を発掘。このニッケルを求めて、世界中の国がボツワナに殺到している。

 4月上旬、私たちが訪れた国内最大のBCL鉱山では、地下700メートルまで降りてニッケル鉱石を掘り出していた。通常、ひとつの鉱石に含まれるニッケルは、全体の1%前後とごくわずかだが、光る部分には微量のコバルトも入っているという。現場の作業員は、「ここは宝の山だ」と話す。

 この鉱山の近くで、日本はいま、独自にニッケルを掘り当てようと、初めてのボーリング調査を行なっている。経済産業省所管のJOGMEC「石油天然ガス・金属鉱物資源機構」とオーストラリアの企業との共同調査だ。

 最大で地下600メートルまで掘り下げ、レアメタルの鉱脈を探し当てようとしている。私たちが訪れたときには、地下210メートル地点の岩石が掘り出されていた。それは様々な成分が含まれた、まだら模様の石の柱だった。

 レアメタルは、まばらに、しかもごくわずかにしか存在しないため、掘り当てるのが非常に困難だ。さらに、取り出すには特殊な技術が必要で、費用と手間がかかる。JOGMECの鈴木哲夫さんは、

 「レアメタルの探査には時間がかかる。3年、4年、5年、そういったスパンで、われわれは計画をたてていきたい」

と話している。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR


おすすめの本
おすすめの本
男女の「謎」に最新科学で挑む! 『だから、男と女はすれ違う』

NHKスペシャル『シリーズ 女と男』を単行本化!
最新科学によって、すれ違う男女の「謎」に迫る。女は本当に地図が読めないのか? なぜ男は「見た目」を重視するのか? なぜ「離婚のピーク」は結婚4年目なのか? 等、男女の人間関係を中心に、共に歩んでいくための「知恵」を探っていく。1500円(税込)

話題の記事

NHK「追跡!AtoZ」取材班

毎回、担当ディレクターが取材内容をもとに執筆、番組内容を再現。
記事の後半では、元社会部記者で「週刊こどもニュース」のお父さん役も務めた番組キャスターの鎌田靖解説委員が、「キャスター日記」として取材を振り返りながら総括する。
◎番組ホームページは、こちら


追跡!AtoZ ~いま一番知りたいテーマを追う!超リアルドキュメント

政治から犯罪、社会問題まで、読者がいま一番知りたい話題を徹底追跡。その背景に迫ることで、時代を読み解いていく。NHKで放送中の同名ドキュメンタリー番組をウェブ用に再構成してお届けします。

「追跡!AtoZ ~いま一番知りたいテーマを追う!超リアルドキュメント」

⇒バックナンバー一覧