ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
湯谷昇羊 不屈の経営者【列伝】

ナタデココ爆発的大ブーム終息で倒産寸前
新感覚の「東京ラスク」で成長、15店舗に

――東京ラスク グランバー社長 大川吉美

湯谷昇羊 [経済ジャーナリスト]
【第11回】 2010年5月13日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

プロ向け洋菓子の講師だった大川吉美は、ひょんなことからチョコレートの卸専門店を立ち上げる。紆余曲折を経ながら、ナタデココやスイートポテトで天国と地獄を味わい、何度か倒産寸前までいく。メーカーになりたい、と思っていた大川が巡り会ったのがラスクだった。商品名、パッケージデザイン、店舗立地、通販などのマーケティング戦略が功を奏して、東京ラスクは成長軌道に乗った。

チョコレート菓子の講師から
年商6億の菓子卸専門店へ

グランバー大川吉美社長

 大川吉美は、1955(昭和30)年に静岡県・伊豆の老舗和菓子屋の4代目の長男として生まれた。「これからは洋菓子の時代」だというので、東京・浅草の「ミカワヤ洋菓子店」で修行、夜は東京高等製菓学校へ通った。洋菓子作りはとても楽しい仕事だった。

 次にチョコレートを勉強したいと、日本のチョコレート専門店の草分けともいえる目白の「グリム」に入店。そこでの修行の後、本場のスイスまで2ヵ月間勉強に行った。ケーキ、アイスクリーム、チョコレートができるようになったので、そろそろ故郷に帰り、家業の4代目を継ごうかと思っていた27歳のときだった。

 世間でトリュフが大流行した。しかしトリュフが作れる職人はそうそういない。ことに地方のお菓子屋さんにはいなかった。そこで、スイスで勉強してきたという大川に白羽の矢が立ったのである。チョコレート作りの講師として地方のお菓子屋さんから引っ張りだこになった。教える相手は先方の職長クラスだったから、相手も忙しく、なかなか技術が伝えられなかった。

 そんなとき、福島のお菓子屋さんの社長が大川の家に遊びに来た。当時、大川の自宅にはお菓子研究のための工房があった。その工房を見た社長は大川に言った。

 「チョコレートを作って、うちに卸してくれないか」

 大川はアルバイトのようなつもりでその仕事を引き受けた。1ヵ月20万~30万円の仕事だったが、バレンタインデーのときには300万円もの注文がきて、徹夜で仕上げたこともあった。この話を別のお菓子屋さんにすると、「うちにも卸してくれ」と言う。チョコレートは高級菓子だったので、どこでも置きたがった。そんな先が増えてきて、売上が1億5000万円くらいの規模になった。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR


おすすめの本
おすすめの本
巨龍に挑む 中国の流通を変えたイトーヨーカ堂のサムライたち

いまでこそ消費大国となった中国だが、1990年代半ばはまだ「未知数の国」だった。商慣習の違い、根強い反日感情、モラルの欠如、大地震等の災害……想像を絶する苦難の数々。それを乗り越えていくイトーヨーカ堂社員の姿は、やがて地元の人たちの心をつかんでいく。湯谷昇羊の最新刊。1680円(税込み)

話題の記事

湯谷昇羊 [経済ジャーナリスト]

経済ジャーナリスト。鳥取市出身、1952年生まれ。法政大学経済学部卒業。1986年にダイヤモンド社入社、2004年週刊ダイヤモンド編集長。2007年営業局長兼論説委員、同年取締役。2008年同社退社。2000年に立命館大学客員教授として教鞭をとる。主な著書に、「迷走する銀行」、「生保危機の真実」、「会社再建」、「立石一真評伝 『できません』と云うな」(いずれもダイヤモンド社刊)、「サムライカード、世界へ」(文春新書)などがある。最新刊は『巨龍に挑む 中国の流通を変えたイトーヨーカ堂のサムライたち』(ダイヤモンド社刊)。


湯谷昇羊 不屈の経営者【列伝】

経済危機後の今も好調・堅調な業績をあげる経営者たち――。しかし、彼らは順風満帆にこの地位を築いてきたわけではない。どのように逆境を乗り越え、成功を導いてきたのか。経営者たちの「不屈の精神」に迫る。

「湯谷昇羊 不屈の経営者【列伝】」

⇒バックナンバー一覧